サッカーまにあ速報!!!

5chのサッカー関係の話題、速報をまとめているサイトです! Jリーグ、海外サッカー、選手の情報などなど幅広く取り扱っています。

    W杯

    00EFC795-662D-4FF9-8EA4-5D5D1E5E529A

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/05/03(火) 06:31:27.92 ID:CAP_USER9
    日本サッカー界の〝至宝〟がカタールW杯メンバーから落選する可能性が浮上した。11月開幕のW杯に臨む日本代表MF久保建英(20)は、所属するスペイン1部マジョルカでレギュラーから陥落。
    しかも今シーズンは日本代表でポジション争うライバルたちに大きな差を付けられており、大舞台に臨む森保ジャパン入りを懸念する声が高まっている。

    久保が窮地に立たされている。スペイン紙「アス」は「日本は久保に期待しているが、大きな希望は取るに足らないものになった。森保監督の計画において重要性を失い、
    期待は希薄になっている」と指摘し「これまで彼の立場はW杯に向けて危険にさらされていなかったが、もう明確ではない。このまま行けば久保は岐路に立つ」と伝えた。

    日本代表で久保の現状は、W杯アジア最終予選で歴代最多となる4試合連続ゴールをマークするなどMVP級の活躍を見せたMF伊東純也(29=ゲンク)が務める右サイドの控え。
    さらに4―2―3―1のシステムを採用した場合でも、久保が得意とするトップ下のポジションは10番を背負うMF南野拓実(27=リバプール)が一番手となる。

    J1クラブの強化担当者は「さすがにタケは選ばれるとは思うけど、今は伊東を外せないからあくまでサブ」としながらも「ただ攻撃陣は、どのポジションもサバイバルでしょ。
    そこで何をアピールできるか。スピードがあるとか、得点が取れるとか、守備がうまいとか…。何か特筆するものがなければ(W杯メンバーとして)生き残るのは厳しいのかもしれない」と語っていた。

    久保は攻撃面で非凡な才能を発揮しているものの、肝心のゴールに関しては明らかに物足りない。A代表では期待されながらもいまだにノーゴール。マジョルカでも今季公式戦2得点とまったく結果が出ていない。
    4月末の時点ながら同じ左利きで右サイドのメンバー入り争うライバルのMF堂安律(23=PSVアイントホーフェン)は今季公式戦9得点。トップ下を争うMF鎌田大地(25=Eフランクフルト)も同じく9得点をマークしている。

    また守備面では、森保監督が久保について「守備の強度はまだ足りない」と指摘していたように現在でも大きな課題。実際に、元日本代表の指揮官で、3月末からマジョルカを率いるハビエル・アギーレ監督も「足元の技術はうまいが、
    サッカーでは攻撃と守備が重要だ」と久保の守備力に注文を付けてレギュラーの座を剥奪をしたように、W杯では攻撃陣でもある程度の守備力がなければ、ポジションを確保できないのは間違いない。

    Jクラブ関係者は「じゃあ左サイドっていっても、南野と最終予選で活躍した三笘(薫=サンジロワーズ)もいるし、守備ができる原口(元気=ウニオン・ベルリン)もいるし…」と話しており、
    こちらも厳しい見通しといえる。W杯開幕まで約6か月。なかなか覚醒しない久保はW杯メンバーの座を勝ち取れるか。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/japan/4163471/
    https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/04/dc0b1833dde387efac5daa29a940c159-406x450.jpg

    引用元: ・【サッカー】久保建英 カタールW杯落選の可能性は…競争激化で「特筆するものなければ厳しい」の声 [ゴアマガラ★]

    【久保建英、W杯メンバー入りの可能性は!??期待値は誰よりも高かったが、未だノーゴール…】の続きを読む


    AAEB3156-F460-4A70-A605-C3AEA2E7D8FF

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/27(水) 19:32:16.45 ID:CAP_USER9
    11月開幕のカタールW杯に2大会ぶり2度目の出場を決めたエクアドルが大会から除外される可能性が出てきた。

    スペイン紙「マルカ」など各メディアによると、エクアドル代表としてW杯南米予選に8試合出場したFWバイロン・カスティージョ(23)の出生地をめぐる疑惑が浮上しているという。

     当初は1998年11月10日にエクアドルのグアヤス州で誕生したとされてきたカスティージョだが、パラグアイサッカー連盟が同選手の出生地についての疑惑を指摘。
    最近になって1995年7月25日にコロンビアのトマコで生まれたという出生証明書が出てきた。しかも3年後にエクアドルに登録されたとの文書も出てきた。

    「マルカ」紙は「エクアドルに深刻な問題をもたらすかもしれない」とカタールW杯出場権をはく奪される可能性に言及。
    その上で「南米サッカー連盟や国際サッカー連盟が、どう対応するかは不明」としながらも、エクアドルはカスティージョが出場したW杯予選の勝ち点を失うかもしれないという。

    その場合、チリがW杯出場圏内に浮上し、ペルーが大陸間プレーオフとなり「コロンビアは今のところ喜べない」と報じていたが、今後の動向が注目されそうだ。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/world/4154609/
    https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/04/a1f8aeb6ca6502e04e6f97284bc115c8-450x318.jpg

    引用元: ・【サッカー】エクアドルがW杯出場権はく奪危機 FWカスティージョに出生地&年齢詐称疑惑が浮上 [ゴアマガラ★]

    【エクアドル、W杯出場権はく奪危機!???カスティージョに出生地疑惑!??】の続きを読む

    B83051A4-3902-4501-BC7D-46886C38E0E0

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/02(土) 02:08:31.75 ID:CAP_USER9

    引用元: ・【サッカーFIFAW杯カタール大会】日本はグループE スペイン、ドイツと対戦 日本初戦は11/23(水) [サザンカ★]

    【日本はグループE スペイン、ドイツと対戦が決定!!】の続きを読む

    28010622-2B80-4B97-94C2-F7960794FA07

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/01(金) 18:08:33.71 ID:CAP_USER9
    1日、カタール・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会が行われる。

    日本代表も7大会連続7度目の出場を決めている中、すでに29カ国の出場が決まっており、残り3カ国はプレーオフで決定。6月には出場全32カ国が決定することとなる。

    日本とポット1、ポット2の15カ国対戦成績

    3月31日に発表されたFIFAランキングをもとに、抽選順を決めるポット分けも決定。日本はポット3に入り、FIFAランキング上位15カ国のうちの2カ国との対戦が決定した。

    開催国のカタールはアジアのために日本が同居することはなく、南米とヨーロッパの中から2カ国が同居することに。今回は、ポット1、ポット2の国との日本の対戦成績を整理した。

    ◆ポット1:引きたくないのはブラジル、最善はベルギーか
    ポット1を見ると、日本が最も対戦しているのはブラジル。過去12回対戦しており、日本は2分け10敗。W杯でも2006年のドイツ大会でグループで同居し、日本が先制したが、1-4で粉砕されてしまった。1度も勝てていないどころか、ゴールも12試合で5得点しか決められていないため、日本としては最も苦手と言っても良い国かもしれない。

    また、フランスとアルゼンチンは6度対戦し、どちらも1勝5敗。アルゼンチンは1998年のフランス大会で日本が初めてW杯で対戦した国としても知られている。リオネル・メッシとの対戦は見てみたいところではあるが、ベスト8に向けては難しい相手だ。前回王者のフランスも避けたいところだ。

    一方でクリスティアーノ・ロナウド擁するポルトガルは、過去に対戦経験がなく全くの未知数となる。

    また、4年前の借りを返したい相手であるベルギーもポット1。ただ、過去6度対戦し2勝2分け2敗の5分の成績。ベルギーが力をつけている直近2試合は連敗しているが、グループステージで当たるには一番良いのかもしれない。

    ◆ポット2:ベストはウルグアイ? ドイツは避けたいところ
    続いてポット2だが、ここには南米とヨーロッパの他、北中米カリブ海のアメリカとメキシコも入っている。

    ポット2で最も戦っているのはウルグアイで2勝2分け3敗。直近では2019年のコパ・アメリカで対戦し2-2のドロー。2018年10月にホームで行った試合では勝利しており、森保体制で2度対戦している相手だ。

    続いてはメキシコで1勝5敗。東京オリンピックではグループステージで勝ちながら、銅メダルをかけた戦いで敗れた相手。何かと比較されることも多いが、実は分は相当悪い。

    オランダやドイツもポット2だが、やはり避けたいところだろう。

    データだけを見れば、ブラジルとドイツを引くことが最悪の結果、最善ということはないが、成績だけ見ればベルギーとウルグアイが良いということになる。

    いずれにしても強豪国が並ぶポット1とポット2。目標であるW杯ベスト8に向けては、まずはグループステージの突破が必要なだけに、抽選会の結果が重要視される。

    超ワールドサッカー 4/1(金) 13:15
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0fecee2d8ee15666e07b1f2cc4db47d3a5e79195

    引用元: ・【サッカー】<W杯の組み合わせ抽選会>日本代表、最良の組み合わせはベルギーとウルグアイ!?避けたいのはブラジルとメキシコ? [Egg★]

    【W杯の組み合わせ抽選会、日本代表の相手は???】の続きを読む

    AD3E9438-7D16-4C38-9A54-4ED278CADB7D
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/01(金) 12:09:03.06 ID:CAP_USER9
    7大会連続7回目のW杯に出場する日本代表。最終予選1勝2敗の崖っぷちから大逆襲し、3月24日の豪州戦でカタール切符をつかんだ。森保JAPANの予選突破の足跡を追い、11月の本番へ向けた課題などをデイリースポーツ・サッカー担当が3回にわたって連載。第3回は長年の課題とされてきた得点パターンの構築について。

      ◇  ◇

     伊東純也の存在なしに突破は困難だっただろう。苦しんだ序盤や大一番で勝負強さを発揮して最終予選4ゴール2アシスト。自らの得点も含め5つの決勝点に絡んだ。

     驚異的なスピードはアジアの舞台では大きな武器となり、停滞した前線の中で崩しのポイントとなった。昨年10月のサウジアラビア戦は伊東が累積により出場停止となったことで攻め手を欠き、0-1で敗戦。だが、11月のベトナム戦からは4戦連発と不可欠な存在としてチームの攻撃をけん引した。

     ただ、裏を返せば“伊東頼り”の戦術でもあった。パスの出し手となる中盤の守田は「一番頼れる」としつつも、「アジアのレベルで少なからずできている部分も多い。それが欧州や南米の強いチームと試合をした時に純也君をどう生かせるか」と本大会を想定した場合の課題を挙げた。

     本来なら得点源は他にもあるはずだった。2次予選では7戦連発の南野、2試合連続ハットトリックを達成した大迫が最終予選では2人で3ゴールと低調。個の能力で圧倒的に上回れた2次予選と違い、強度の高い最終予選では迫力を欠く結果となった。

     18年W杯ロシア大会アジア最終予選では同じ10試合でチームは17得点だったが今回は11得点と攻撃面では苦戦。セットプレーはデザインされたパターンも見られたが無得点に終わり、森保監督が「これから戦う課題として取り組まなければいけない」というように、得点へつなげる一つの武器として磨いていかなければならない。

     24日のオーストラリア戦では三笘が途中出場から守田や山根と絡み先制点。個人技で2点目と“切り札”として新たな得点パターンになる可能性も示した。だが、伊東は「工夫もコンビネーションも、決めきる力も全部が足りない」とチームの現状を捉える。W杯までに連係面の向上を含め、特定の選手だけに頼らない安定したあらゆる得点パターンの構築が求められる。(終わり)。(デイリースポーツ・サッカー担当・知手健人)

    ディリースポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/91fda37b69096bdd7bcb5d4c9dc7658986cf78bb

    写真
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220401-00000024-dal-000-2-view.jpg?pri=l&w=486&h=640&exp=10800

    引用元: ・【サッカー】<日本代表>“伊東頼り”脱却で得点パターンの構築なるか 森保監督も自覚「これから戦う課題」 [Egg★]

    【日本代表、得点パターンが伊東頼り!森保監督も自覚!??www】の続きを読む

    このページのトップヘ