サッカーまにあ速報!!!

5chのサッカー関係の話題、速報をまとめているサイトです! Jリーグ、海外サッカー、選手の情報などなど幅広く取り扱っています。

    PSG

    7AA192B3-89A6-47B8-802F-35148F4061A7

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/21(木) 14:47:30.84 ID:CAP_USER9
    フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表DFセルヒオラモス(36)が今季限りで退団する可能性が浮上した。

     スペイン紙「マルカ」など各メディアによると、フランス紙「パリジャン」の報道をもとにして「PSGがセルヒオラモスに来季の計画に入っていないことを伝えた」とし、クラブ側は2023年6月末までの契約を今シーズン限りで終了することを検討しているという。

     今季スペイン1部レアル・マドリードから加入したセルヒオラモスは負傷などもあって、ここまでリーグ7試合(先発3)出場。年俸15億円と高給取りであることから、PSGは近日中に開かれる役員会議で同選手の処遇について議論する予定。すでに引き留めるつもりはなく「彼の時間を終わらせる準備ができている」と伝えている。

     各メディアはセルヒオラモスの今後について米メジャーリーグサッカー(MLS)で元イングランド代表MFデービッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミやロサンゼルス・ギャラクシーが獲得に動くことを予想。またスペインメディア「クアトロ」は以前、同選手が日本メーカー「ミズノ」とスパイク契約したことからJリーグ入りの可能性があると指摘し、J1神戸の名前を挙げていた。

     かねてセルヒオラモス自身はPSG残留を望んでいると報じられている中、今後の動向が注目されそうだ。

    東京スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/67cebd1ecc1fb22c3921e311d076e71060036257

    引用元: ・【サッカー】パリSGが今季限りでセルヒオラモスとの契約を終了へ 今夏のMLSとJ1神戸入りが浮上 [久太郎★]

    【セルヒオラモス、今季限りで契約終了!!?移籍先にMLSと神戸!??w】の続きを読む

    21FA0189-05FA-4F90-B264-03F20470707B

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/03/10(木) 16:57:46.01 ID:CAP_USER9
    <欧州チャンピオンズリーグ:レアル・マドリード3-1パリ・サンジェルマン>◇9日◇決勝トーナメント1回戦第2戦◇マドリード

    【写真】Rマドリード・ベンゼマにゴールを許すパリ・サンジェルマンGKドンナルンマ

    悲願の初優勝を狙っていたパリ・サンジェルマン(フランス)は、レアル・マドリード(スペイン)のFWベンゼマにハットトリックを許し、1-3で逆転負け。2戦合計でも2-3とひっくり返され、敗退が決定した。

    パリSGは試合後、アルケライフィ会長が審判の判定に異を唱えてブチ切れたが、試合後のロッカー室でも一騒動あったもよう。スペイン・マルカ電子版によると、ネイマールとGKドンナルンマが殴り合い寸前の口論になったという。

    相手1点目はGKドンナルンマがベンゼマからの激しいプレスを受け、ミスキックが相手に渡ってしまったことから生まれた。ネイマールがロッカー室でそれについて同GKを非難した。

    するとドンナルンマも、相手の2点目がネイマールのパスをカットされたことから生まれたと言い返して、激しい口論になったという。ほとんど殴り合い寸前になったため、他の選手たちが間に入って2人を引き離したようだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/20ad61a26b7ff0ca8139a61fdbc2441f45df8076

    引用元: ・【サッカー】<パリ・サンジェルマン>ネイマールとGKドンナルンマ、敗戦後のロッカー室で殴り合い寸前!スペイン紙報じる [Egg★]

    【PSG、ネイマールとドンナルンマがロッカー室で殴り合い寸前に!!】の続きを読む

    C93832E2-07EC-4C0D-A644-2DB4769BFF77

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/02/04(金) 20:20:23.64 ID:CAP_USER9
    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの将来について、フランス紙『ル・パリジャン』が伝えている。

     昨シーズンまで所属したレアル・マドリードを退団し今シーズン開幕前にPSGへ加入したS・ラモスは、負傷の影響で戦列を離れる時間が長くなるも昨年の11月に新天地デビュー。そして今年1月のリーグ戦では移籍後初ゴールを奪う活躍も見せていた。しかし、同選手は1月下旬に「筋肉の問題」を抱えていると伝えられ、今回の報道によると過去にも痛めたふくらはぎを負傷していた模様。そのため、15日に迎えるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第1戦レアル・マドリード戦への出場が危ぶまれている。

     度重なる負傷に、かつてフランス代表を担当していた医師は「厄介なケガだ。ふくらはぎの筋肉の形が関係しているが、あまり医学的なことは抜きにして、筋肉の年齢とラモスがこれまでのキャリアで受けてきた衝撃を考慮する必要がある。最高峰のレベルで19シーズンを戦い、彼のふくらはぎの筋肉は弱くなっている」と分析。CLでは第1戦だけでなく、3月9日に予定されている第2戦を欠場する可能性も指摘した。
     この一連の事実を、『ル・パリジャン』は「ラモスはもう終わりなのか」という見出しで掲載。3月に36歳を迎えるS・ラモスが、近い将来にブーツを脱ぐことになるのかもしれないと伝えた。

     これまでレアル・マドリードやスペイン代表で数多くのタイトルを獲得してきた同選手の今後に、より一層の注目が集まっている。

    https://www.soccer-king.jp/news/world/fra/20220204/1615988.html

    引用元: ・【サッカー】セルヒオラモスはもう終わりなのか…負傷でCLレアル戦に黄信号、引退の可能性も [数の子★]

    【【悲報】セルヒオラモス、また負傷でCLレアル戦欠場!??それどころか引退の可能性も!】の続きを読む


    4F271F15-5878-475F-AA10-D9714FF64153
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/01/16(日) 05:32:39.39 ID:CAP_USER9
    1/16(日) 5:15
    東スポWeb

    ピッチ以上の「活躍」を見せているメッシ(ロイター)

     アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)が、ピッチ外でフランス1部パリ・サンジェルマンに大きく貢献している。スペイン紙「マルカ」が報じた。

     昨年8月に電撃加入した新天地でここまで公式戦16試合で6ゴール5アシストをマークしているが、驚くべき数字ではない。その一方でやはりと言うべきか。商業的な魅力は、さらに輝きを放っていた。8つの新規スポンサーを獲得し、コカ・コーラやナイキなど複数の代表的なスポンサーを更新することに成功。すでにチームが1シーズンでメッシに払う総額8000万ユーロ(約104憶円)は実質帳消しになるという。

     スポンサーシップディレクターを務めるマルク・アームストロング氏は「2021年、収益の伸びは非常に大きく、20年と比較して10%以上であることは確かだ」と明かした。

     例えば、メッシの加入により、パリSGはSNS上で1500万人のフォロワーを獲得しており、他の商業契約の交渉のための「付加価値」になっている。また2021年のユニホーム販売枚数は100万枚を超えているとし、メッシ効果で30〜40%増加したと推定されている。リーグ放映権料の値上がりにつながっており、プラス効果ばかり。2022年もさらに伸びていくのだろうか。

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220116-03930371-tospoweb-000-1-view.jpg
    https://news.yahoo.co.jp/articles/944a1e2f6e90b79f6a992a56f08175d3525599c5

    引用元: ・【サッカー】超絶「メッシ効果」 PSG新規スポンサー8社で “支払い分” 約104憶円分は帳消し [爆笑ゴリラ★]

    【メッシ効果炸裂!!PSG新規スポンサー8社、 約104憶円分帳消し !!【サッカー】】の続きを読む

    1294E27A-EFF2-44AB-8C9C-3F5825C02413

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/01/12(水) 19:24:25.10 ID:CAP_USER9
    フランス1部パリサンジェルマン(PSG)でチーム内が〝南米圏とフランス語圏〟に真っ二つに割れて内紛が勃発した。

     英紙「ミラー」は「FWリオネル・メッシの到着がPSGに分裂を引き起こした。チームは南米圏とフランス語圏に分かれてしまった」と報道。ロッカールームでは2つの派閥が形成され、深刻な対立が生じている。

     さらに「これまでは強い結び付きがあったFWキリアン・エムバペとFWネイマールも関係は近くなくなった」と両エースの間でも摩擦が生じているようだ。

     同紙は内紛のきっかけとなったのが今季から加入したメッシだと追及した。「メッシはマウリシオ・ポチェティーノ監督と握手を拒否することがあったが、不遜な態度を見せたのはそれだけではない」として、指揮官への造反と受け取れるような態度を繰り返してきたことを指摘。両者の関係がチームの規律を乱し、選手間の内部分裂に発展したというわけだ。

     以前にバルセロナを指揮していたキケ・セティエン氏は「偉大な選手は多いがメッシのようなスーパースターはいなかった。しかしメッシは管理が難しい。選手という以外に異なる側面があり、管理が非常に難しい」と語ったことがあるように、メッシは絶対的な存在であるがゆえに〝劇薬〟でもある。

     PSGではリーグ戦でわずか1ゴールとピッチ上で結果も出せていない。このまま毒となってしまうのか、それとも復活を遂げて特効薬になるのか。

    東スポ 1/12(水) 14:16
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7ef12069c6083823c87d1ecbb5749ae239756d4a

    写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220112-03921926-tospoweb-000-3-view.jpg?pri=l&w=640&h=438&exp=10800

    引用元: ・【サッカー】<パリサンジェルマン>メッシ加入で真っ二つに割れて内紛が勃発!「エムバペとネイマールも関係は近くなくなった」 [Egg★]

    【PSGメッシ加入で真っ二つ???【サッカー】】の続きを読む

    このページのトップヘ