サッカーまにあ速報!!!

5chのサッカー関係の話題、速報をまとめているサイトです! Jリーグ、海外サッカー、選手の情報などなど幅広く取り扱っています。

    ACL

    200CC8D1-EB98-4B72-9986-E68F23C982B3

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/05/05(木) 15:11:16.68 ID:CAP_USER9
    アジアチャンピオンズリーグ(ACL)における中国勢の存在感低下が加速している。

     タイ、マレーシア、ベトナムで集中開催されたACL東地区の1次リーグが1日に終了。中国勢は、新型コロナウイルス禍の渡航制限などの影響で上海海港と長春が出場を辞退し、参加した広州FC、山東も主力を派遣せず、若手中心の〝二軍〟で臨んだ。そのため、広州FCは1次リーグ同組の川崎に0―8で敗れるなど大敗が目立ち、当然のように両チームは1次リーグで敗退した。

     この惨敗は今回だけの問題ではなく、今後に〝ツケ〟を払わなければならない。この結果を受けて、中国メディア「新浪体育」は、中国の2022年終了時点のアジアサッカー連盟(AFC)クラブランキングが15位(東アジア7位)まで落ちると報じた。同ランクは、最近4年間のACLなどの結果をもとに決められ、2018年のポイントが失効するからだ。

     そのため来年のACLまでは、1次リーグ直行2チームと本戦出場をかけたプレーオフから参戦2チームは確保できるものの、2024年からは、ランク低下により1次リーグ直行1チームしか割り当てられなくなるという。2013、15年に広州恒大(現・広州FC)が優勝するなど、日韓両クラブとACL東地区の覇権を争ってきた中国勢だが、もう過去の話になりかねない。

     代わって躍進しているのが東南アジア勢。I組のジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)は、地元開催の利もあったが、J1王者・川崎と2020年ACL覇者の蔚山(韓国)を押しのけて1次リーグを突破した。タイで行われたG組も同国のBGパトゥムが1位通過。今後はさらにACLの勢力図が変わっていくかもしれない。

    東京スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/187c1f14fdbbba113cdf46121ac07239049bec9d

    引用元: ・【サッカー】ACL 中国勢惨敗で出場枠激減へ 東南アジア勢台頭で存在感薄れる [久太郎★]

    【【ACL】中国勢惨敗、出場枠激減!!中国勢より、東南アジアチームの急成長が今後の脅威!!?】の続きを読む

    7FF0E869-0C66-4D97-B84C-6F32A45E9F08

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/27(水) 21:58:07.09 ID:CAP_USER9
    浦和 6-0 ライオン・シティ・セーラーズ
    [得点者]
    14'馬渡 和彰     (浦和)
    39'アレックス シャルク(浦和)
    48'ダヴィド モーベルグ(浦和)
    52'小泉 佳穂     (浦和)
    62'松尾 佑介     (浦和)
    90'松尾 佑介     (浦和)

    スタジアム:ブリーラムシティ スタジアム(タイ)
    https://www.jleague.jp/match/acl/2022/042713/live/#live

    引用元: ・【サッカー】ACL第5節 浦和×ライオン・シティ・セーラーズ 結果 [久太郎★]

    【ACL浦和×ライオン・シティ・セーラーズ結果!!】の続きを読む

    FD415692-8E17-4C29-80D5-9F15BA510519

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/27(水) 19:55:35.02 ID:CAP_USER9
    蔚山現代 3-2 川崎
    [得点者]
    14'レオナルド        (蔚山現代)
    20'オム ウォンサン     (蔚山現代)
    40'レアンドロ ダミアン   (川崎)
    47'ヴァレリ カザイシュヴィリ(蔚山現代)
    90+2'レアンドロ ダミアン  (川崎)

    スタジアム:タン スリ ダトー ハジ ハッサン ユヌススタジアム(マレーシア)
    https://www.jleague.jp/match/acl/2022/042716/live/#livetxt/

    引用元: ・【サッカー】ACL第5節 蔚山現代×川崎 結果 [久太郎★]

    【ACL蔚山現代×川崎フロンターレ結果!!痛すぎる1敗…】の続きを読む

    471D12F5-85C3-4C4C-9AA3-9ECD525554CD

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/24(日) 22:05:29.06 ID:CAP_USER9
     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループF第4節が24日に行われ、浦和レッズ(日本)と大邱FC(韓国)が対戦した。

     21日に行われた前節でも両者は顔を合わせ、大邱が1-0で勝利していた。リベンジを期す浦和は、同試合から先発を5人変更。外国人枠の関係でキャスパー・ユンカーが、警告の累積で岩尾憲がメンバーから外れ、アレックス・シャルクやダヴィド・モーベルグらがスタメンに名を連ねた。

     前回対戦の失敗を繰り返したくない浦和は、序盤から圧力をかけて押し込み続ける。5分、スルーパスに抜け出したモーベルグが折り返すと、飛び込んだシャルクが合わせるが、相手GKに阻まれる。さらにこぼれ球を回収したモーベルグもゴールを狙うが、相手DFのブロックに阻まれた。

     13分にはモーベルグがドリブルで右サイドから中央へと切れ込む。ペナルティエリア手前で左足を振り抜いたが、相手GKのセーブに遭う。さらに35分、ペナルティエリア手前でパスを受けた江坂任が左足でコントロールショットを放ったものの、ゴール左上を狙ったシュートは枠を外れた。浦和は大邱を圧倒しながらもゴールが遠く、スコアレスで折り返す。

     後半に入ってからは浦和にとって納得のいかない判定が相次ぎ、疲労も相まってフラストレーションが溜まる展開となる。状況を変えたいリカルド・ロドリゲス監督は66分、関根貴大とシャルクを下げて、松尾佑介と大畑歩夢を投入。大畑を左サイドバックに置き、明本考浩を最前線に移す。

     それでもスコアが動かないなか、浦和は80分にアクシデントが発生。酒井宏樹がスプリントの際に筋肉系トラブルを起こし、馬渡和彰との交代でピッチを後にした。

     85分、浦和に絶好機が到来。右サイドの深い位置で3人を引きつけた江坂が、その背後にパスを通し、伊藤敦樹が抜け出す。伊藤がペナルティエリア右からグラウンダーのボールで折り返すと、ゴール前で明本が合わせたが、シュートは当たり損ねとなってゴールには至らない。

     試合はこのまま終了し、両者勝ち点「1」を分けあった。2勝1分1敗で並んでいるが、当該クラブ同士の対戦成績で上回る大邱が首位に立っている。次節は27日に行われ、浦和はライオン・シティ・セーラーズ(シンガポール)、大邱は山東泰山(中国)と対戦する。

    【スコア】
    浦和レッズ 0-0 大邱FC

    【スターティングメンバー】
    浦和レッズ(4-4-2)
    鈴木彩艶;酒井宏樹(80分 馬渡和彰)、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩;ダヴィド・モーベルグ、伊藤敦樹、柴戸海(74分 平野佑一)、関根貴大(66分 松尾佑介);江坂任、アレックス・シャルク(66分 大畑歩夢)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/af78b1a36122466446c129206d84b20163e0ffc6

    引用元: ・【サッカー】ACL第4節 浦和、大邱と痛恨スコアレスドロー…圧倒した前半でチャンス決めきれず [久太郎★]

    【浦和、大邱とスコアレスドロー!!チャンス決めきれず…】の続きを読む

    1F8F3531-9F42-482D-82F7-091D80B4DCED

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/19(火) 21:58:58.99 ID:CAP_USER9
     AFCチャンピオンズリーグ・グループJ第2節が19日に行われ、ヴィッセル神戸(日本)と傑志(香港)が対戦した。

     上海海港(中国)の参加辞退により、3チームで争われることになったJ組。16日に上海海港と対戦予定だった神戸にとっては、この試合が初戦となる。一方、初戦でチェンライ・ユナイテッド(タイ)を下した傑志にとっては2戦目。

     リーグ戦で4分6敗と波に乗り切れず短期決戦を迎えた神戸は、主将のアンドレス・イニエスタがコンディション不良により今回のタイ遠征に帯同していない。武藤嘉紀らもケガで欠くなか、初戦はボージャン・クルキッチや大迫勇也らがスタメンに名を連ねた。

     神戸は15分に先制する。左サイドからボージャンがゴールに向かう鋭いクロスを送ると、飛び込んだ大迫は合わせられなかったものの、相手GKはボールをキャッチし損ねる。こぼれ球を郷家友太が押し込んだ。

     その後の神戸はボールを握りながらも、攻撃のテンポがなかなか上がらず、決定機を多く作ることはできない。29分には右に流れた中坂勇哉のクロスに大迫が合わせてネットを揺らすが、大迫のオフサイドで得点は認められない。神戸は1点のリードで折り返す。

     神戸は59分に決定機。右サイドの深い位置でボールを受け取った酒井高徳がグラウンダーでマイナス方向に折り返し、途中出場の井上潮音がボックス中央で合わせる。シュートは枠を捉えていたが、相手DFのブロックに阻まれた。

     こう着状態が続くなか、傑志は84分に神戸のゴールを脅かす。敵陣中央で獲得したフリーキックの流れから鋭い浮き球がゴール前に送られると、ロベルトが頭で合わせる。しかし、シュートは惜しくも枠を外れ、得点には至らない。

     すると85分、神戸が待望の追加点を獲得する。左サイドでボールを受けた汰木康也は、寄せてきた相手DFを股抜きでかわしてペナルティエリア左に侵入。タイミングを見計らって柔らかい浮き球をゴール前に送り、フリーで待ち構えていた井上が合わせて押し込んだ。

     後半アディショナルタイム1分、傑志が1点を返す。中盤でのボール奪取からカウンターに転じ、ルスラン・ミンガゾフがペナルティエリア手前で右足を振り抜く。シュートは相手DF槙野智章に当たってゴール前にこぼれ、反応したアレックス・アカンデが相手GK前川黛也の股の間を通してネットを揺らした。

     試合はこのまま終了し、神戸が2-1で勝利した。神戸が白星スタート、傑志は1勝1敗となった。次節は22日に行われ、神戸はチェンライ・Uと対戦する。

    【スコア】
    ヴィッセル神戸 2-1 傑志

    【得点者】
    1-0 15分 郷家友太(神戸)
    2-0 85分 井上潮音(神戸)
    2-1 90+1分 アレックス・アカンデ(傑志)

    【スターティングメンバー】
    神戸(4-2-3-1)
    前川黛也;酒井高徳、大﨑玲央、槙野智章、小林友希;山口蛍、扇原貴宏(54分 井上潮音);郷家友太(80分 菊池流帆)、中坂勇哉(68分 汰木康也)、ボージャン・クルキッチ(68分 日高光揮)、大迫勇也(80分 リンコン)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a86ff866bde1ec78c41d2bf1cee30db51b904cac

    引用元: ・【サッカー】ACL第2節 神戸がACL白星スタート!…終盤に1点返されるも傑志を下す [久太郎★]

    【ACL、神戸白星スタート!しかし、相変わらず守備が…】の続きを読む

    このページのトップヘ