サッカーまにあ速報!!!

5chのサッカー関係の話題、速報をまとめているサイトです! Jリーグ、海外サッカー、選手の情報などなど幅広く取り扱っています。

    浦和レッズ

    1D381358-F0BA-4EBA-9293-92893E7051CA

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/19(火) 00:57:15.27 ID:CAP_USER9
     浦和は現地時間4月18日、タイで集中開催されているアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第2節で中国の山東泰山と対戦し、5-0で勝利した

     浦和のスターティングメンバーは、GKに鈴木彩艶、4バックに宮本優太、アレクサンダー・ショルツ、知念哲矢、馬渡和彰、ダブルボランチに柴戸海と安居海渡、2列目に関根貴大、小泉佳穂、大久保智明、1トップに明本考浩といった顔ぶれに。

     序盤から浦和は圧倒的なポゼッションで攻め込み、多くのチャンスを創出。守りを固める相手に手を焼く場面もあったが、26分に均衡を破る。エリア内に侵入した関根のシュートはブロックされるも、こぼれ球に素早く反応した明本がねじ込んだ。

     先制点から3分後、明本がエリア内で倒されてPKを獲得。キッカーのショルツが確実に決めてリードを広げる。
     
     2-0で迎えた後半、53分に3点目をゲット。セットプレーの流れから、大久保のクロスを岩波拓也が折り返し、アレックス・シャルクが押し込む。今年3月に加入したシャルクにとっては、これが移籍後初ゴールとなった。

     シャルクはさらに76分、直接FKで強烈な一撃を突き刺してみせる。チームはその後、危なげなく試合を進めて、終了間際に安居が得点。セーラーズとの初戦に4-1で勝利している浦和は、これで連勝を達成。次戦は4月21日に韓国の大邱と対戦。日本時間で23時にキックオフ予定だ。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5729c55e3e9b51b14a10782c5b28a21dcd851983

    引用元: ・【サッカー】ACL第2節 新助っ人シャルクが移籍後初ゴール&鮮烈FK弾! 浦和が山東泰山を5-0で下し連勝を飾る【ACL】 [久太郎★]

    【ACL第2節浦和レッズ、5-0で下し連勝も…ガチの試合が見たい…】の続きを読む

    4D666EA9-CA58-405A-96F2-35379A0DE31F
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/10(日) 18:30:10.65 ID:CAP_USER9
     “上”に向かってほえた。6日に埼玉スタジアムで行われた浦和対清水の一戦。浦和1点リードの後半24分、清水のDFヴァウドが同点のヘディング弾をたたき込み、ゴール裏のアウェーサポーター席の方へ。しかし、ピッチに近い下段は空席で、ヴァウドは上段に密集した清水サポーターに向けて雄たけびを上げた。

     ホームの浦和側はゴール裏アウェー席の下段を空け、上半分のみを清水サポーターに向けて販売した。浦和関係者によると、主催試合のアウェー席の割り当てはセキュリティー面と、該当試合の来場者数を勘案して決定しているという。その上で「過去、複数回のトラブルが同一カードで発生し、一層の安全への配慮が必要と判断致しました。サポーター間の物理的距離を可能な限り離す必要があると判断し、不本意ですが前列エリアを干渉帯と致しました」と説明した。

     試合後、SNS上では「なぜ清水だけ?」との声が続出した。両クラブのサポーター間を空けつつ、臨場感を間近で感じられる下段席を清水サポーターにも提供する選択肢は無かったのか、と聞いてみると「総合的な判断」とのことだった。

     もちろん、試合運営で来場者の安全を担保する事は最重要で、今回もクラブが両サポーターの安全を考慮した結果だ。ただ、清水の関係者が「ホームもアウェーも関係なく、『ピッチから近いところで応援したい』という思いは同じではないか」と話したように、「不平等感」が新たな火種となることは避けなければならない。「オリジナル10」の両雄の間に、“溝”がない試合が開催される事を願っている。

    スポーツ報知 4/10(日) 12:09
    https://news.yahoo.co.jp/articles/42945fbb9ef3b5de6ada652bc912f1f04d279c6b

    写真
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220410-04101069-sph-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=395&exp=10800

    引用元: ・【サッカー】<Jリーグ>「浦和レッズ対清水エスパルス」のゴール裏アウェー席はなぜ「空席」になったのか? [Egg★]

    【浦和レッズ対清水エスパルス、ゴール裏アウェー席が何故か空席!??その理由とは!?】の続きを読む

    1492E0B5-20CB-4466-B0D1-D0F804E8EB15

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/03/19(土) 22:10:06.93 ID:CAP_USER9
    3/19(土) 22:08
    配信
    スポーツ報知
    酒井宏樹、ケガのため日本代表を辞退 大迫勇也に続き、主力2人がW杯最終予選を欠場

     日本サッカー協会は19日、カタールW杯アジア最終予選のオーストラリア戦(24日、シドニー)、ベトナム戦(29日、埼玉)に臨む日本代表に選出されたDF酒井宏樹(浦和)が負傷のため参加を辞退すると発表した。代わりに中谷進之介(名古屋)を招集する。

     酒井はこの日、磐田戦(4〇1)に先発出場。右サイドからのクロスで何度も好機を作ったが、右足首付近を痛め、前半終了後にピッチに座り込んで険しい表情を見せる様子が見られた。4―1の後半8分にDF馬渡和彰と交代し、ピッチを後にした。

     同代表はこの日、FW大迫勇也(神戸)が負傷のため参加を辞退し、FW林大地(シントトロイデン)を追加招集すると発表した。勝てば7大会連続のW杯出場が決まるオーストラリア戦で主力2人を欠く厳しい状況となった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4693b080aa05b723dd38019a6d57f612c4789acf

    引用元: ・【サッカー】酒井宏樹、ケガのため日本代表を辞退 大迫勇也に続き、主力2人がW杯最終予選を欠場 [豆次郎★]

    【酒井宏樹、ケガのため辞退!!日本代表に痛手…】の続きを読む

    D4790BE9-1388-4AD8-A3F4-7A1D12F86BD8
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/03/13(日) 16:45:29.71 ID:CAP_USER9
    ◇明治安田生命J1第4節 鳥栖―浦和(2022年3月13日 駅スタ)

     またもゴール裏のサポーターによる違反行為か。浦和は13日、敵地で鳥栖と対戦。一進一退の手に汗を握る攻防の中、それは起こった。後半開始から太鼓の音と手拍子とともにサポーターの声が聞こえてくる。Jリーグでは現在、声を出しての応援行為は全体で禁止を出しており、もし事前録音の電子チャントでなければ明確なルール違反だ。

     これにはSNSでも「浦和さん、チャント歌ってない?」「浦和…チャント歌ってる」「なんか浦和のゴール裏からチャント聞こえるんやけど、俺が疲れてるのかな」など、その行為に首をかしげるような反応が続出した。

     なお、2月23日のホーム神戸戦で一部サポーターの声出しがあり、クラブのレジェンドでもある鈴木啓太氏が自身のSNSで「レッズサポーターのこと大好きだし、一緒に戦ってきた仲間だから本音で言う。これまで、いつも『その声』に助けられてきたし、本当に大きな力になった。声出したい気持ちわかる!もどかしいこともわかる!でも、全く良くないよ。ルールが守られなければ、Jリーグは成り立たない」と苦言を呈していた。

    スポニチ 3/13(日) 16:37
    https://news.yahoo.co.jp/articles/74ed588f35d368155d863684c210d7e318cb4448

    写真
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220313-00000243-spnannex-000-3-view.jpg?pri=l&w=544&h=640&exp=10800

    引用元: ・【サッカー】<浦和レッズ>サポーターが声出しの違反行為か?鳥栖戦でゴール裏からチャントが Jリーグは声を出しての応援行為は禁止 [Egg★]

    【浦和サポーター、声出し違反行為??ゴール裏からチャントが…】の続きを読む


    B40A8B6C-3CBC-4D35-AB73-F9DE92EF0846
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/03/03(木) 12:15:24.95 ID:CAP_USER9
    3.3 J1第10節 川崎F2-1浦和 等々力]

     浦和レッズは開幕4戦未勝利とスタートダッシュに躓いた。今季リーグ初勝利を目指したものの、川崎Fに手痛い逆転負け。リカルド・ロドリゲス監督は「我々の強度が落ちてきたところを相手に突かれてしまった。良かった部分はたくさんあったし、チャンスの数を生かせれば2-0で勝てていてもおかしくなかった」と振り返った。

     前線からのアグレッシブな守備で流れをつかみ、前半33分、セットプレーのチャンスを仕留めた。右45度の位置でFKを獲得し、古巣戦のDF馬渡和彰が右足でアウトスイングのクロスを供給。DF岩波拓也がヘディングシュートでネットを揺らし、幸先良く先制に成功した。

     しかし、後半17分からわずか2分間で2失点を喫し、逆転負け。開幕から4試合はいずれも後半に失点しており、ロドリゲス監督は「強度が高い時に良いプレーはできていると思うが、強度が落ちた時にどうするかが我々の課題」と指摘。新型コロナウイルスの陽性者、負傷者に加え、退場者が連続で出るなど厳しい台所事情で過密日程を戦っており、「連戦だけではなく色々な影響があり、人数がなかなか揃わなかったりした部分も影響していると思う」と苦しい本音も口にした。

     2月12日の富士フイルムスーパーカップで川崎Fに2-0で勝利。最高のスタートを切ったが、開幕後は勝利が遠く、苦しい状況が続いている。6日のホーム湘南戦を見据え、指揮官は「今回も前回も、いい内容なのに結果が得られないフラストレーションは溜まりましたが、今度は結果がついてくるようにしたい」と必勝を誓った。

    ゲキサカ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c88c375e7cc481c919d4906e12c0e4b15388de9c

    引用元: ・【サッカー】<浦和レッズ>開幕4戦未勝利!スタートダッシュ失敗…リカルド・ロドリゲス監督「強度が落ちた時が我々の課題」 [Egg★]

    【浦和レッズ、開幕4戦未勝利でスタートダッシュ失敗!!その原因とは!??】の続きを読む

    このページのトップヘ