サッカーまにあ速報!!!

5chのサッカー関係の話題、速報をまとめているサイトです! Jリーグ、海外サッカー、選手の情報などなど幅広く取り扱っています。

    森保JAPAN

    04C5C9E7-0308-4E0E-A34A-55DF1F4C854A
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/28(木) 15:08:22.89 ID:CAP_USER9
     日本サッカー協会は4月28日、キリンカップサッカー2022の参加国や試合日程などについて発表した。

     2016年以来6年ぶりの開催となる同大会は、4か国によるトーナメント形式で行なわれ、参加国は日本のほか、ガーナ、チリ、チュニジアに決定。日本は6月10日にノエビアスタジアム神戸でガーナと対戦し、同14日にパナソニックスタジアム吹田で次戦に臨む。
     
     6月上旬に行なわれるキリンチャレンジカップでは、同2日に札幌ドームでパラグアイと、同6日に国立競技場でブラジルと対戦する森保ジャパン。カタール・ワールドカップに向けた強化活動として4試合が予定されている6月シリーズで、どんな戦いを見せるか注目だ。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    https://news.yahoo.co.jp/articles/694ea731432d6be71a74611811ad63cef0aa600b

    引用元: ・【サッカー】森保ジャパン、6.10にガーナと対戦! 4か国で争われるキリンカップサッカーはチリ、チュニジアが参加 [久太郎★]

    【森保ジャパン、6月にキリンチャレンジカップの対戦相手4カ国決定!!】の続きを読む

    4B591B37-8B04-4FB0-9E9B-FCD711789737

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/02/08(火) 23:44:14.42 ID:CAP_USER9
    森保一監督率いる日本代表は、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国戦(1月27日)、サウジアラビア戦(2月1日)をともに2-0で制し、今予選5連勝を飾った。

    次節のオーストラリア戦(3月24日/アウェー)に勝てば7大会連続のW杯出場が決まるシチュエーションとなったが、果たして森保ジャパンは安泰と言えるのか。

    中国戦、サウジ戦のパフォーマンスを踏まえ、元日本代表FWの城彰二氏に見解を訊いた。
      

    1月下旬から2月頭にかけて行われたW杯最終予選で、日本はCBの“2枚看板”として君臨してきたDF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(アーセナル)を怪我で欠く緊急事態のなか、2連勝を飾った。
    本大会出場へ負けられない最終予選で何より求められた結果を手にした一方、試合内容には少なからず課題も覗かせた。

    1998年のフランスW杯を経験するなど、代表選手としての実績を誇る城氏は「結果として勝ち点6を積み上げたのは、もちろん評価できること」としながらも、課題は山積していると指摘。
    今回の2試合で見せた森保ジャパンの戦いぶりには厳しい言葉が口をついた。


    「試合内容の質という点では、物足りなさを抱いてしまいます。とりわけ、中国戦では連係不足が明らかに感じられ、相手の実力を考えれば2-0というスコアは選手もそうだし、観ている側としても厳しいなと感じたはず。個の能力が高い選手はいるけれども、前線の連動性が全く機能していない」


    実力的に劣る中国戦では、MF伊東純也(ヘンク)の突破から相手のハンドを誘って得たPKと、伊東が途中出場のDF中山雄太からのクロスを頭で合わせた2点止まり。
    左サイドでプレーしたDF長友佑都(FC東京)とMF南野拓実(リバプール)による連係が機能不全に陥るなど、消化不良のパフォーマンスに「悪いなりにももう少し出来たんじゃないか」と、城氏は苦言を呈した。


    「伊東がアクシデントで不在になった時、今の森保ジャパンには何もない」

    一方、中国戦に比べて躍動感が出たサウジアラビア戦の出来については「今予選で一番というくらい、良いサッカーをしました。そこは自信にもつながりますし、そこからの積み重ねというのを次はぜひ、見せてほしい」と期待を込める。


    ただ、今の代表チームにある“潜在的な課題”を、城氏はこう提言する。

    「選手起用に関しては監督が決めることなので、そこについてどうこう言うつもりはないんですが、ただ、やっぱり選手の連係とかを見ると、全然積み重ねがない。遠藤(航)、守田(英正)、田中碧がいる中盤3枚から前のユニットでのコンビネーションに関してはもっと高めないと。伊東の活躍は素晴らしいです。ただ、伊東がアクシデントで不在になった時、今の森保ジャパンには何もないんですよね。『じゃあ、そこをどうするの?』というのが全く見えてこない」


    日本が目指すべきは、W杯でベスト8進出。
    “伊東頼み”のワンパターン攻撃でアジア予選を突破できたとしても、個で劣勢に陥る世界で苦戦する可能性は極めて高い。


    こうした課題とどう向き合うのか。

    3月のオーストラリア戦で勝てば本大会行きとなる日本だが、城氏は「まだまだ危ないと思います。色んなパターンの攻撃が機能しているわけでもないですし、対策を講じられても既存の固定メンバーで連動性が生まれたりだとか、打開策ができればいいんですけど、見ているなかではそれが出来ていないから『大丈夫かな』とどうしても思ってしまわざるを得ない」と危機感を募らせた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/aebe9ee0b59a165a265e8381b4fcb0e7a3a1fd49?page=1

    引用元: ・【サッカー】城彰二「伊東がアクシデントで不在になった時、今の森保ジャパンには何もない」 W杯予選で露呈した“潜在的な課題”を指摘 [jinjin★]

    【城彰二「伊東不在になると、今の森保ジャパンには何もない」ww】の続きを読む

    D254CDD8-E775-45F0-AB88-3649F32161B1

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/01/23(日) 19:41:50.21 ID:CAP_USER9
    中国戦(1月27日)、サウジアラビア戦(2月1日)に臨む日本代表メンバー23人が発表された。

    【写真】鎌田大地のチームへの貢献度は欧州組随一。日本代表ではなぜ不遇なのか

    GK川島永嗣(ストラスブール)、権田修一(清水エスパルス)、シュミット・ダニエル(シントトロイデン)

    DF長友佑都(FC東京)、酒井宏樹(浦和レッズ)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、山根視来(川崎フロンターレ)、植田直通(ニーム)、板倉滉(シャルケ)、中山雄太(ズウォレ)、冨安健洋(アーセナル)

    MF/FW大迫勇也(ヴィッセル神戸)、原口元気(ウニオン・ベルリン)、柴崎岳(レガネス)、遠藤航(シュツットガルト)、伊東純也(ゲンク)、浅野拓磨(ボーフム)、南野拓実(リバプール)、守田英正(サンタクララ)、前田大然(セルティック)、堂安律(PSV)、田中碧(デュッセルドルフ)、久保建英(マジョルカ)

     欧州組と国内組。今回の選考でその境界がいっそう鮮明になった気がする。欧州組優先。前回(2021年11月のベトナム戦、オマーン戦)は招集外だった前田が、セルティックに移籍するや代表チームに選出される姿に、森保監督の選考基準が垣間見える。

     前田は突然、上達したのか。東京五輪に臨んだU-24日本代表でも、前田はさして出場機会に恵まれなかった。6試合中先発は0。3試合に交代出場しただけで、全出場時間はわずか65分(延長戦の出場時間30分含む)にとどまった。前田は言わずと知れた昨季のJ1得点王でもある。

     国内組でいる間は低評価。欧州組に転じるや高評価を下す。前回初招集された三笘薫(今回はケガで招集を見送られた)にも同じことが言えた。東京五輪への出場時間はたったの39分に終わった選手だ。難敵オマーンとの前戦を代表デビュー戦としたその三笘が、貴重な決勝ゴールを鮮やかにアシストする姿に、森保監督の評価の矛盾が集約されていた。

     三笘が東京五輪後、ユニオン・サン・ジロワーズに移籍していなければ、最後に伊東が蹴り込んだ前戦オマーン戦の決勝ゴールはなかった可能性が高いのだ。

     欧州移籍はいわば第三者のお墨つきのようなもの。それが出るまで認めようとしない森保監督は、独自の眼力を持ち合わせていないと言われても仕方がない。欧州組になる前、国内でプレーしている時から、この選手は面白い、いける、使えると目に留まる選手はいないのだろうか。そうした選手を抜擢すれば、多少は波風が立つ。反論も出るだろう。それを極端に恐れている印象だ。独自性が見えてこない大きな理由である。

    引用元: ・【サッカー】<日本代表・メンバーに見る森保一監督の選考基準>国内組でいる間は低評価。欧州組に転じるや高評価を下す。鎌田大地軽視 [Egg★]

    【森保一監督、選考基準!!国内組は低評価!??欧州組は高評価!!しかし鎌田大地は…】の続きを読む

    A3769DDF-DB89-4B17-B2AC-88CF6772BDD5
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/01/22(土) 20:58:29.55 ID:CAP_USER9
    1/22(土) 17:59
    SOCCER DIGEST Web

    サプライズ選出がない一方で、二人の選手が選ばれなかったことに驚き

    【セルジオ越後】点が獲れない森保ジャパン…無得点の浅野が選ばれて、獲りまくっている奥川が選ばれないのはなぜなんだ?
    ドイツでプレーする浅野と奥川。越後氏はふたりの得点力の違いを指摘する。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)/Getty Images
     ワールドカップ・アジア最終予選の中国戦とサウジアラビア戦に向けた日本代表メンバーが発表された。今回は吉田や古橋、三笘など何人かの負傷離脱者が出たけど、メンバーの顔ぶれを見ても、サプライズと呼べるような選手はなかったね。

     ただし、別の意味での驚きはあった。「え、この選手は呼ばないの?」という意味でだ。日本は、このワールドカップ予選で2点差以上をつけて勝った試合がまだない。4勝2敗でグループ2位につけているとはいえ、得点力不足は深刻だ。
     
     そんななかで迎えるゲームだから、やはり得点を奪うためにどうするか、そのためのキャスティングを考えるべきだと思う。そういう視点で見ると、いまドイツで点を獲りまくっているビーレフェルトの奥川はなんで選ばれないの? 同じドイツでプレーしていて、まったく点が獲れていない浅野も選ばれているけど、奥川が選ばれない理由はなんなんだ?

     しかも、浅野は前田や伊東と同じスピードタイプの選手。3人も同じタイプの選手がいるんだ。もちろん、あの走力を利用して、前線から強度の高い守備をやらせるのには適しているかもしれないが、得点力を上げるという面ではどちらに期待できるかは明白だよ。

     それから今回は、国内組だけの事前合宿もあったけど、ここから選ばれたFW陣も結局大迫だけになった。練習試合で3点取った上田はいったい何点取ったら認めてもらえたんだろうね。

     選手リストを見ると、大迫以外にポストタイプのアタッカーは選ばれていない。前線でボールを収めて攻撃の基準点となる役割は、もう大迫だけに任せたという感じだ。それだけ彼に信頼があるんだろうけど、これも浅野と奥川のケースと同じで得点力を上げるという意味では、結果を残しているのは上田だ。上田がメンバーにすら入っていない理由が分からないね。

     結局、点が獲れないという現状があるのに、問題を解決してくれる可能性のある人材を選んでもいない。国内合宿もやったのに、選ばれたのはいつものメンバーだけ。競争も生まれていないね。なんだか、今の日本代表は“オールジャパン”という感じがしないし、まさしく監督の信頼がある選手だけで固められた“森保ジャパン”と呼ぶべきチームだね。

    2連勝がノルマ。プレッシャーがかかる試合でリーダーシップをとるのは?

     もうひとつの心配事としては、長い間、リーダーシップをとってきた吉田の代わりを誰が務めるかだ。もちろん、頼りになるベテランもいるチームだけど、やはり最後までピッチに立って力強くチームを引っ張っていける存在がいるかどうかは大きな問題だよ。
     
     しかも、この2連戦はオーストラリアが格下との2連戦となるだけに、どうしても2連勝をして勝点6を獲る必要がある。そんなプレッシャーがかかる試合でチームを90分にわたって鼓舞しなければいけない。森保監督が誰をキャプテンに指名するのかは注目だよ。

     とにかく中国戦、サウジ戦は2連勝がノルマだ。得失点差で優位に立つためにも、中国からはできるだけ得点を獲りたいし、サウジアラビアにはアウェーのリベンジを果たし、余裕をもって次のオーストラリア戦に臨めるようにしたい。いくら最終戦が最下位ベトナム相手のホーム戦だからと言っても、最終戦に余計なプレッシャーを持ち込みたくはない。この2連戦で予選突破を大きく引き寄せられればいいね。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220122-00104258-sdigestw-000-7-view.jpg
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5bbc0409a415eeb0871599b3908d5dd1ba971697

    引用元: ・【サッカー】セルジオ越後 点が獲れない森保ジャパン…無得点の浅野が選ばれて、獲りまくっている奥川が選ばれないのはなぜなんだ? [爆笑ゴリラ★]

    【辛口コメンテーターセルジオ越後、森保JAPANを斬る!??w いっそのことこの人が監督を…w】の続きを読む


    A6367C90-5E5F-490E-9BAA-F0C34CCD4CCB
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/01/22(土) 14:17:34.41 ID:CAP_USER9
    1/22(土) 14:15
    SOCCER KING

    日本代表がW杯最終予選のメンバーを発表! 負傷の吉田麻也は選外、久保建英が復帰
    日本代表メンバーが発表された [写真]=Getty Images
     日本サッカー協会(JFA)は22日、FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選・中国戦(27日)およびサウジアラビア戦(2月1日)へ臨む日本代表メンバーを発表した。

     ここまで6試合を終え、日本代表は勝ち点12(4勝2敗)でグループBの2位。今回のシリーズは同5位の中国、そして同1位のサウジアラビアと、いずれもホームでの戦いを迎える。

     今月のリーグ戦で負傷したキャプテンの吉田麻也(サンプドリア)の招集は見送られ、センターバックとしては谷口彰悟(川崎フロンターレ)、植田直通(ニーム・オリンピック)、板倉滉(シャルケ)らの起用が予想される。状態が不安視されていた冨安健洋(アーセナル)は20日のリーグ杯リヴァプール戦に出場しており、今回のメンバー入りを果たした。

     MF/FWでは、大迫勇也(ヴィッセル神戸)の一人を除いて全員が“海外組”の面々に。これまで日本代表として活躍を見せている伊東純也(ヘンク)や南野拓実(リヴァプール)に加え、久保建英(マジョルカ)が約4ヶ月ぶりの代表復帰を果たした。

     今回発表されたメンバーは以下の通り。

    ▼GK
    川島永嗣(ストラスブール/フランス)
    権田修一(清水エスパルス)
    シュミット・ダニエル(シント・トロイデン/ベルギー)

    ▼DF
    長友佑都(FC東京)
    酒井宏樹(浦和レッズ)
    谷口彰悟(川崎フロンターレ)
    山根視来(川崎フロンターレ)
    植田直通(ニーム・オリンピック/フランス)
    板倉滉(シャルケ/ドイツ)
    中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
    冨安健洋(アーセナル/イングランド)

    ▼MF/FW
    大迫勇也(ヴィッセル神戸)
    原口元気(ウニオン・ベルリン/ドイツ)
    柴崎岳(レガネス/スペイン)
    遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ)
    伊東純也(ヘンク/ベルギー)
    浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)
    南野拓実(リヴァプール/イングランド)
    守田英正(サンタ・クララ/ポルトガル)
    前田大然(セルティック/スコットランド)
    堂安律(PSV/オランダ)
    田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)
    久保建英(マジョルカ/スペイン)

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220122-01611452-soccerk-000-2-view.jpg
    https://news.yahoo.co.jp/articles/69358dd36eed7168b927d1d8ef8aae5905b0c883

    引用元: ・【サッカー】日本代表がW杯最終予選のメンバーを発表! 負傷の吉田麻也は選外、久保建英が復帰 [爆笑ゴリラ★]

    【【速報】日本代表最終予選メンバー発表!!!久保建英が復帰も、国内組が…w】の続きを読む

    このページのトップヘ