サッカーまにあ速報!!!

5chのサッカー関係の話題、速報をまとめているサイトです! Jリーグ、海外サッカー、選手の情報などなど幅広く取り扱っています。

    日本サッカー協会

    D3DAE077-4518-4C94-93AC-E71809789560

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/20(水) 19:06:35.20 ID:CAP_USER9
     日本サッカー協会の田嶋幸三会長(64)が、2試合連続〝完全投球〟で注目を集めるプロ野球ロッテ・佐々木朗希投手(20)を絶賛し、その育成法をサッカー界でも参考にする方針を示した。

     19日に取材に応じた田嶋会長は、13日のオリックス戦での完全試合に続いて20日の日本ハム戦でも8回まで完全投球を披露して日本中にフィーバーを巻き起こしている佐々木朗に言及。
    「佐々木くん(の試合)は僕だって見た。やっぱり、あそこで代えるというのは僕だったらできなかったかもしれないなと思いつつ」と日本サッカー界のトップながら野球界の超逸材に虜になっている。

     そして、佐々木朗が大船渡高時代に絶対的なエースとして活躍しながら、けがを防止するため体になるべく負担がかからないように起用されていた点に着目。
    「思い起こせば、花巻東との甲子園出場がかかった決勝戦で、使わなかったじゃないですか。そう考えると、我々もどうやって選手を育成していくんだというところは見習わなきゃいけないと思った」と考えを明かした。

     さらに「やっぱり彼は(起用法など)そういうルートで来て、当たり前のようにふてくされるわけでもなく受け入れている。そういう、選手と一緒のことを考えてやる育成、我々サッカー界も少年、中学、高校、クラブ、Jリーグ含めて学ばなければいけないと思った」と力説。
    育成年代では選手の将来性を伸ばすことを優先する〝朗希メソッド〟の指導をサッカー界でも積極的に行うよう求めた。

     そして「ああいう20歳で日本一注目されるような、話題になるJリーガーに出てきてもらいたい」と佐々木朗に匹敵する若きスターの誕生を待望した。

     世界が注目するようなスーパースターの出現へ向けて、佐々木朗の活躍がカギになりそうだ。

    東京スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/602217d4576c0736af30e305562c23607fbdb522

    引用元: ・【サッカー】日本サッカー協会・田嶋会長、ロッテ・佐々木朗希とその育成方法を絶賛 「我々サッカー界も見習わなきゃいけない」 [ニーニーφ★]

    【田嶋会長、ロッテ・佐々木朗希とその育成方法を絶賛!!「我々サッカー界も見習わなきゃいけない」…w】の続きを読む

    586C2075-C7EE-4F60-9DA4-C66EB7580398

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/03/10(木) 20:32:28.11 ID:CAP_USER9
    日本サッカー協会は10日、ロシアから侵攻を受けているウクライナのサッカー協会に10万ドル(約1150万円)の支援を行うことを発表した。資金は欧州サッカー連盟を通じて届けられる。

    日本協会は昨年10月にハイチ大地震が起きた際にも同国連盟に義援金を送るなど、自然災害などを受けた国への支援を行ってきた。田嶋幸三会長は「いかなる理由があっても、戦争や武力行使には強く反対する。一刻も早く終結することを祈っている」などとコメントした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f70c8ac5f821a9ae575ff2d2c2cd1c47a267a69

    引用元: ・【サッカー】<日本サッカー協会>ウクライナ協会に10万ドル支援!田嶋幸三会長「一刻も早く終結すること祈っている」 [Egg★]

    【日本サッカー協会、ウクライナ協会に10万ドル支援!!田嶋会長、一刻も早く終結すること祈っている!】の続きを読む

    1E8AB192-09E7-469F-B8E9-EA1C182F5853

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/02/10(木) 17:50:05.39 ID:CAP_USER9
     日本サッカー協会(JFA)は2022年から、第4種(小学生年代)チームに所属するサッカー・フットサル選手のJFA登録料を無料化することを決めた。2月14日から始まる新年度の登録から適用。これまで700円だった第4種サッカー選手の登録料、500円だった第4種フットサル選手の登録料が無料となる。

     JFAによると、登録料の無料化はJFAが現在推進中の登録制度改革の第一歩。JFAは現在、各年代の大会に出場する人々が選手として登録するだけでなく、ファン・サポーターやスポンサー、選手の保護者などサッカーに関わる人々全てがアプリを通じて登録できるメンバーシップ制の導入を進めており、その入り口にあたる小学生年代に大きく門戸を開いた形だ。

     JFAの田嶋幸三会長は10日、オンラインを通じてメディアブリーフィングを実施。第4種年代の選手登録料の無料化により、JFAとしては年間約1億8000万円の減益となることを明かした。一方、登録料を原資としていたJFAから各都道府県協会への補助金は「減額するつもりはない」と明言。さらに「ドイツ協会のようにJFAは一切登録料は取らず、都道府県のみ取るのが理想だと思っている」と述べ、ゆくゆくはこの施策を全年代・カテゴリに広げていく見通しを語った。

     こうした身を切る改革の背景にあるのは「18歳のところでガクッと登録しなくなる」(田嶋会長)ことに象徴される、現状の登録制度への危機感だという。

     現状では大会に出場する選手がチーム主導でJFA選手登録を行うのが一般的であるため、小学校・中学校・高校からの進学時には登録者がいったん大きく減少する。「全ての方がサッカーを辞めているかというとそうではない」にもかかわらず、大きな断絶が生まれている。また小学生年代でも、少年団に所属する約70%の選手がJFA選手登録を行っておらず、JFAの調査によればその総数は50万人弱。全国大会への出場機会がなかったり、そもそも大会出場の少ない小学校低学年は登録しないケースが多いという。

     こうした登録制度の現状について田嶋会長は「大会に紐づいた登録だったからこんなことになってしまった」と指摘。大会出場を前提とした選手登録制度から、選手としてプレーしているかどうかも問わないメンバーシップ制の導入により、「生涯にわたってサッカーに関わっていける環境を築いていきたい」と意気込みを示した。

     田嶋会長はさらに「今までチーム主体でつながっていたことで、個人とはつながれていなかった。選手の移籍もクラブの了解が得られないと…というのがあったが、選手がプレーできる環境を選べるような登録制度改革を行っている」と育成年代で問題が顕在化している選手のチーム間移籍にもメリットがあると指摘。

    また今後正式発表されるメンバーシップ制についても「登録した人は、パートナー企業さんの買い物が安くなるとか、特典があるとか、スポンサーさんにとってもメリットになる制度を作っていきたい。代表選手たちとも話し合いをしながら、登録しているかたの誕生日にメッセージがいくとか、いろんなことを企画している」と展望を語った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ec97a3ba37d01f6cd66d20cbc159b4776b62b06c

    引用元: ・【サッカー】<日本サッカー協会>小学生年代のJFA選手登録料が無料に!少年団に所属する約70%の選手がJFA選手登録を行っておらず [Egg★]

    【JFA、小学生年代の選手登録料が無料に!!少年団所属する選手の約70%が登録せず!】の続きを読む

    8F251A7E-39BC-48C4-9018-6C3362F32C84
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/02/02(水) 17:00:06.82 ID:CAP_USER9
    日本サッカー協会の田嶋幸三会長が2日、オンラインで取材に応じ、アウェーで行われるカタールW杯アジア最終予選・オーストラリア戦(3月24日)の地上波中継に尽力する考えを明かした。今予選のアウェー戦は、アジアサッカー連盟との契約で「DAZN」(ダゾーン)が独占配信している。

    同会長は「自分たちの自腹を払ってでも、地上波で(の中継を)考えているが、(契約上)そんな簡単ではない。ディレイ(録画中継)を含めて、交渉したいということで動いていると聞いている。その努力はしなければいけないと思っている」と明かした。

     日本代表は1日に行われたサウジアラビア戦で2―0で勝利し、次戦のオーストラリア戦で勝利すれば7大会連続のW杯出場が決まる。同会長は「皆さんに見てもらうことが後押しにもつながる。会長としては(地上波中継を)進めていくことをしなければならない」と話した。

    スポーツ報知 2/2(水) 16:38
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2f0bc970d3e10bb29f3bf6c5d45e6197fa924b02

    写真
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220202-02021139-sph-000-1-view.jpg?pri=l&w=477&h=640&exp=10800


    W杯アジア最終予選・サウジ戦 平均世帯視聴率20・0% 伊東純也が4戦連発 W杯王手

    1日夜にテレビ朝日で放送された「2022FIFAワールドカップカタールアジア地区最終予選 日本×サウジアラビア」(後7・10)の平均世帯視聴率が20・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが2日、分かった。個人視聴率は12・6%だった。

    スボニチ
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2022/02/02/kiji/20220202s00002014338000c.html

    引用元: ・【サッカー】<日本サッカー協会の田嶋幸三会長>敵地豪州戦の地上波中継に尽力「自腹でも」サウジ戦、視聴率「20・0%」 [Egg★]

    【田嶋会長、次節豪州戦の地上波中継に尽力!!自腹でも!!w】の続きを読む

    1E8AB192-09E7-469F-B8E9-EA1C182F5853

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/01/17(月) 19:28:34.21 ID:CAP_USER9
    日本サッカー協会(JFA)は1月17日、反町康治技術委員長によるメディアブリーフィングを実施。カタール・ワールドカップ(W杯)最終予選・中国戦(1月27日)、サウジアラビア戦(2月1日)に招集された国内組へ義務付けられていた代表活動後の隔離措置について、14日間から6日間へ短縮されることを発表した。

     今月下旬から来月初めにかけて行われるW杯最終予選へ招集された国内組を巡っては当初、代表活動後14日間は隔離措置を義務付けられ、所属クラブに戻ることができないとの通達が日本政府、および、JFAより通達。これに対し、所属クラブ側が難色を示し、ヴィッセル神戸は16日、Jリーグに加盟する浦和レッズ、FC東京、川崎フロンターレ、湘南ベルマーレ、清水エスパルス、サンフレッチェ広島と連名のもと、JFAに上申書を提出したことを発表していた。

     反町技術委員長は、政府から下された14日間の隔離処置について「難しい措置という認識はあった」と見解を示しつつ、オミクロン株の特徴が徐々に判明し、待機期間、濃厚接触への理解が変わってきた状況を踏まえ、政府から6日間への短縮が認められたことを明かした。

     この決定により、国内組の選手たちは2月2日~7日まで日本代表の「バブル方式」において隔離待機することになるが、7日の検査で陰性が証明されれば、最短で同日からクラブへ戻ることが許可されるという。

    フットボールゾーン 1/17(月) 19:23
    https://news.yahoo.co.jp/articles/efe77721bba73a4b7fc146d950f4a7bfb5f98203

    引用元: ・【サッカー】<日本サッカー協会>W杯アジア最終予選後の国内組コロナ隔離期間14日→6日へ短縮発表!最短で2月7日からクラブ復帰... [Egg★]

    【【朗報】W杯アジア最終予選後、国内組隔離期間6日間に短縮!!【サッカー】】の続きを読む

    このページのトップヘ