サッカーまにあ速報!!!

5chのサッカー関係の話題、速報をまとめているサイトです! Jリーグ、海外サッカー、選手の情報などなど幅広く取り扱っています。

    旗手怜央

    8AA88594-651A-4B73-864E-19B6044F527D

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/02/23(水) 11:54:47.23 ID:CAP_USER9
    1月にセルティックへ加わったばかりのMF旗手怜央だが、夏にはさらにステップアップする可能性があるのかも知れない。

    セルティックデビュー戦でマン・オブ・ザ・マッチに輝き、2試合目では強烈なミドルシュートを突き刺し、レンジャーズとのダービーで衝撃の2ゴール1アシストの大活躍を見せた旗手。ここまでリーグ戦7試合連続で先発し、3ゴール2アシストを記録。現地でも大きな注目を集める存在となっている。

    イギリス複数メディアでプレミアリーグへのステップアップを期待する声も上がっている中、以前にも「プレミアリーグのクラブが彼に注意を払うのは必然」と語っていたピート・オルーク記者は、『GIVE ME SPORT』で再びステップアップの可能性を語っている。

    「もしこのままインパクトを与え続けるのであれば、セルティックが旗手を維持するのは難しいだろうね。前にも言ったように、セルティックやレンジャーズにはイングランドのクラブが提示する金額と競争できる資金はないんだ」

    スコットランドで話題をさらう旗手。来夏には世界屈指の強豪リーグへと挑戦することになるのだろうか。

    2/23(水) 11:26
    https://news.yahoo.co.jp/articles/250635d09e773fe96a03a64aef3368fe2bcddd92

    写真https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220223-00010007-goal-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=364&exp=10800

    引用元: ・【サッカー】<旗手怜央>夏に早くもステップアップ?英記者「セルティックがキープするのは難しい」 [Egg★]

    【旗手怜央、夏にステップアップ??プレミア行きの可能性は??】の続きを読む

    74593C8A-131F-4C3C-BB56-8630717BD4CC

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/02/16(水) 07:58:56.48 ID:CAP_USER9
    セルティックで怒涛の活躍を見せるMF旗手怜央、FW前田大然、古橋亨梧。この3人にアジアのライバルは驚いているかもしれない。彼らがまだ日本代表で主力になっていないからだ。

    近年の日本の育成に注目したのは、オーストラリア『Optus Sport』』だ。

    オーストラリアと日本は現在行われているアジア最終予選でも同組で、3月にはオーストラリアのホームで日本戦が行われる。オーストラリア側から見ると、セルティックで活躍する3人が日本代表の主力になっていないのは驚きかもしれない。

    日本も今回のアジア最終予選では苦戦を強いられており、それは現在グループ3位になっているオーストラリアも同じだ。しかし、同メディアは選手層の厚みでは大きな差があると日本の育成を称える。

    ベンチどころか、代表にすら入れない海外組まで出てきた

    これは指揮官のスタイルによっても変わってくるが、今の日本ではPSVで活躍するMF堂安律、世界から注目されてきたマジョルカMF久保建英、ベルギーのロイヤル・ユニオン・サン・ジロワーズで優勝争いに絡むFW三笘薫といった面々も代表ではポジションを確保しきれていない。

    右サイドではヘンクの伊東純也が主力で、2列目にはリヴァプール所属の南野拓実もいる。以前より海外組は増えており、欧州で活躍しているのに代表に入れないなんてことも珍しくなくなってきた。ポルティモネンセで復調の兆しを見せるFW中島翔哉、ドイツのアルミニア・ビーレフェルトで活躍を続けるFW奥川雅也といった選手もそうだ。

    同メディアが注目しているのは、J3まで整備してきた日本のサッカー環境だ。クラブの数を増やすことでチャンスをもらえる選手も増え、10代の頃はエリートではなかった選手たちにも這い上がれる可能性が生まれる。旗手、三笘は大学サッカーを経てJリーグに入った選手でもあり、大学からプロへのルートがある点も大きい。

    オーストラリアの場合は1部リーグとなるAリーグがまだ12クラブしか存在せず、昇降格のシステムもない。サッカー熱にも違いはあるのだろうが、日本の方が幅広い視点から育成できているのは明らかだろう。同メディアも育成の基礎の部分においては日本から学ぶべき点があると指摘している。

    海外で活躍できる日本人選手が増えているのは事実で、これは育成の効果と言えよう。特に最近は旗手や前田の活躍で代表メンバーの選択肢が増えてきており、この選手層はアジアのライバル国から見ると羨ましいものなのだろう。

    2/15(火) 23:30
    https://news.yahoo.co.jp/articles/beb5bc1480ee7aa646eac1bef0a14035b0cf321d

    引用元: ・【サッカー】<日本代表>なぜ旗手や三笘、堂安が代表の主力でないのか? [Egg★]

    【【日本代表】なぜ旗手や三笘らが代表の主力でないのか?豪州が日本に注目?る】の続きを読む

    993FEB31-2C1B-4D00-A375-0C6455959CA8
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/02/08(火) 05:56:51.29 ID:CAP_USER9
    現地時間2月6日に行なわれたスコットランド・リーグ第25節で、日本人4選手が所属する首位のセルティックはマザーウェルと対戦し、4-0で勝利を収めた。

     リーグ6連勝を導く先制弾をアシストしたのが、左インサイドハーフで先発した旗手怜央だ。左サイドで味方からボールを呼び込むと、左足で絶妙なグラウンダーのクロス。これを走りこんできたリエル・アバタがダイレクトで合わせ、ゴールに流し込んだ。

     今冬に加入した旗手は、これで出場5試合で3ゴール・2アシスト。言わずもがな、その活躍ぶりは現地でも非常に高く評価されている。

     また、その評判はイングランドにも伝わっているようだ。英メディア『Football Insider』によれば、『BBCラジオ』でコメンテーターを務めるスポーツ・ジャーナリストのジョス・バンティングが、「早ければ夏に彼が去ってもおかしくはない」とコメントしたという。
     
    「彼のパフォーマンスはセンセーショナルで、素晴らしいもの。1か月しか経っていないが、セルティックにとってこの上ない補強だった。そして、イングランドのクラブが目を付けても不思議ではない。もちろん興味を持つだろう。プレミアのトップ4ではないかもしれないが、そのほかのクラブや、チャンピオンシップ(英2部)からプレミアに昇格するクラブとかね?」

     そして、「キョウゴ(古橋亨梧)については、サウサンプトンが興味を示しているのは報じられている通りだし、旗手もこのまま輝き続ければ、そう遠くない未来に、スコットランド以外のファンも獲得にすることになるだろう」と述べた。

     現時点で、具体的に関心が示しているチームがあるわけではない。ただ、このパフォーマンスを維持できれば、プレミアリーグのクラブから声が掛かる可能性も十分あるだろう。

    サッカーダイジェスト 2/7(月) 20:40
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6fac948024371f5ea83f8aca5c032fb49b9ca8e6

    写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220207-00105026-sdigestw-000-4-view.jpg?exp=10800

    引用元: ・【サッカー】<旗手怜央>プレミア移籍の可能性に現地記者が言及!「早ければ夏に彼が去ってもおかしくはない」 [Egg★]

    【旗手怜央、プレミア移籍の可能性??早ければ夏にでも!】の続きを読む

    938AD059-FAEA-4818-BAEA-7B4CB10099C6

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/02/07(月) 18:18:55.32 ID:CAP_USER9
    リーグ戦では19試合無敗

    スコティッシュ・プレミアシップで首位を走るセルティックに、称賛の声が相次いでいる。

    今季から元横浜F・マリノス指揮官のアンジェ・ポステコグルー監督が指揮を執るセルティック。序盤戦は不安定さも見られてヨーロッパリーグ(EL)敗退を喫するなど、批判の声も上がっていた。

    しかし、昨夏加入したFW古橋亨梧が8ゴールを奪えば、冬に加入した旗手怜央は3ゴール2アシスト、前田大然は2ゴールと、日本人選手が躍動。気づけばリーグ戦では19試合無敗と破竹の勢いで勝ち点を積み重ねている。

    2日の宿敵レンジャーズとの“オールドファーム”で3-0と快勝して首位に浮上したセルティックは、続くマザーウェル戦でも4-0と完勝してトップの座を守った。そして、その戦いぶりをイギリスの解説者も絶賛している。

    『スカイスポーツ』に出演した元レンジャーズのクリス・ボイド氏は、「水曜日の夜(vsレンジャーズ)から彼らは彼ら自身のパフォーマンスを突破した。最初から最後まで素晴らしかった。決して手を緩めることはなく、90分間戦い続ける。(レンジャーズにとっては)心配だよ。もはや止めるのが難しい段階に来ているからね」と手放しで称賛した。

    また、元ハミルトン指揮官アレックス・ニールも「長い長い間セルティックを見てきたけど、こんなに素晴らしいものはなかったね。リーグ内すべてのチームが恐れているだろうし、特に本拠地には行きたくないだろう。『始まる前から0-2で負けよう』、そんなことを考えるだろうね。それくらい素晴らしんだ。セルティックは止められない」と、クラブ史に残る強さだと指摘した。

    昨季はレンジャーズに無敗優勝を許し、リーグ戦連覇が「9」でストップしたセルティック。新体制の下で戦う今シーズン、王座を奪還できるだろうか。

    Goal 2/7(月) 12:32
    https://news.yahoo.co.jp/articles/80fa866b7a0c0a70f70639a0a6303b168a79dad3

    写真
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220207-00010015-goal-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=404&exp=10800

    引用元: ・【サッカー】<日本人躍動のセルティックに絶賛相次ぐ!>「長い長い間セルティックを見てきたけどこんなに素晴らしいものはなかったね」 [Egg★]

    【セルティック、日本人躍動に絶賛の嵐!!w 日本の選手はセルティックに相性抜群!??w】の続きを読む

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/02/06(日) 21:28:20.38 ID:CAP_USER9
    スコットランド・プレミアリーグのセルティックに所属するMF旗手怜央(24)を指導していたトム・バイヤー氏(61)が〝教え子〟の早期売却を懸念した。

    【写真】腹筋をチラ見せする前田大然

     1月にセルティックへ移籍した旗手は宿敵レンジャーズ戦(2日)で2ゴール1アシストの活躍を見せ、チームを首位浮上に導いた。加入後4試合で3ゴールと結果を出し、評価も高まっている。

     地元メディア「セルティックウェイ」によると、旗手が選出されたU―12日本代表チームでコーチを務めていたバイヤー氏は「怜央は優れた選手であり、判断力も集中力もある」と絶賛したという。

     さらに同氏は「日本の選手は日本人のコーチよりも外国人コーチの方が優れたパフォーマンスを発揮する傾向がある。外国人のコーチは遥かに多くの自由を与えて、自分を表現し、ドリブルしたり、リスクを犯したりするなど、特別なことをするように促す」とし「それがアンジェ(ポステコグルー監督)のサッカー哲学の多くを構成していると想像している」と、旗手が活躍している背景を分析した。

     その上で旗手の今後についても言及。バイヤー氏は同メディアに「欧州には彼を購入しようとする巨大なクラブがいくつかあると確信している。彼がプレーする度に価値が上がっている」と資金力のあるイングランド勢のクラブが早くも旗手に熱視線を注いでいると指摘した上で「あまりにも早く移籍させると間違いを犯す」と警告した。

     その理由について同氏は「怜央はスーパーなクラブに行ってパートタイムやユーティリティーになるよりもセルティックに数シーズン滞在し、経験を積んで外国での生活になれることが必要。多くの(日本人)選手は間違いを犯していた」と説明したという。すでにステップアップも浮上する中、旗手は恩師の言葉をどう聞くのだろうか。

    東スポ 2/5(土) 12:38
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0a834973a17e75bd572d6588ffe4c62eca70c5ad

    写真
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220205-03975302-tospoweb-000-4-view.jpg?pri=l&w=443&h=640&exp=10800

    引用元: ・【サッカー】<旗手怜央>恩師がビッグクラブ入りを懸念「多くの(日本人)選手は間違いを犯していた」「早く移籍させると間違いを犯す」 [Egg★]

    【旗手怜央、恩師が「ビッククラブに早く移籍すると間違いを犯す」と警告!!】の続きを読む

    このページのトップヘ