サッカーまにあ速報!!!

5chのサッカー関係の話題、速報をまとめているサイトです! Jリーグ、海外サッカー、選手の情報などなど幅広く取り扱っています。

    批判

    9522E391-A1C9-4D10-B193-BFBD3A5E677E
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/01/30(日) 12:04:59.93 ID:CAP_USER9
    日本代表のDF長友佑都(FC東京)が30日、カタールW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦(2月1日・埼玉)に向けたオンライン取材に応じた。話題は自身に向けられているバッシングにも及んだが、「日本代表を背負っている以上、ダメなら批判して当然。どんどん批判してもらっていい」と歓迎する姿勢を示した。

    【動画】レアル中井卓大の圧巻プレーにファン「えぐい」「なんだこりゃ」「CR7かよ」

     W杯最終予選に入って以降、左サイドバックの競争が激化。長友は全試合で先発出場しているが、フル出場したのは初戦のオマーン戦(●0-1)のみで、直近6試合ではいずれも試合途中でピッチを退いている。

     サブでは代わりに出場したDF中山雄太(ズウォレ)が結果を出していることもあり、スタメン起用を続ける森保一監督や長友本人にサポーターやメディア、元日本代表選手からの批判が噴出。一方、元日本代表のMF本田圭佑が自身のツイッター(kskgroup2017)で「佑都のこと、俺は好き勝手言うよ。でもメディアや他の人に言われるとなんか腹立つなー」と庇い、DF吉田麻也(サンプドリア)が「わかる」と同調したことでも注目を集めていた。

     もっとも長友自身は、そうした批判を前向きに捉えているという。「皆さんのご意見もご批判もありがたいと思っている。厳しい批判とか、厳しい意見の中に自分を成長させるチャンスが眠っていると考えている。自分自身で俯瞰して見なくても、長友佑都をいろんな角度の視線で見ていただけるので、まだまだ成長のチャンスがあるなと思っている」。何より長友自身が、現在のパフォーマンスに満足していないようだ。

    「いい時の長友佑都という存在を分かっていると思うので、ちょっとでもそのようなプレーができないと批判が来るのは当然。日本サッカーのことを考えると、日本サッカーのレベルが上がってきていて、皆さんの見る目も上がってきているということだと思う。非常にレベルが上がってきて、日本サッカーも発展してきたんだなとしみじみ感じる」

     日本代表をさらに盛り上げていくためにも、長友は自身がバッシングの矛先になることも辞さない構えだ。

    「まだ中途半端ですよね、叩くにしても。やっぱりサッカーを盛り上げるためにも、メディアだけでなく、インターネットの世界だけでなく、長友がこれだけ批判されていると取り上げられないと、本当の意味でファンは増えていかない。まだまだ中途半端」過去にイタリアのインテル、トルコのガラタサライ、フランスのマルセイユといったビッグクラブでプレーしてきたけど、普通の番組でも取り上げられるし、世界中から批判が来る状況だった。それに比べると、もっと批判されてもいいし、そして人々が感動するのはそこから這い上がっていく姿だと思う。その振れ幅がまだまだ狭い。僕は日本代表が人気になって欲しいし、まだまだ注目されたいですね」

     あくまでも重要なのは自分自身のパフォーマンス。「僕がもっと躍動できて、もっと動ければ、こういうことにはならない。全て自分だなと捉えているし、受け止めている」と批判に向き合った長友は「この局面を打開した時に2022倍の賞賛で称えていただければと思います」と気合を入れ直していた。
     
    ゲキサカ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9e6884f38c3be41d8e22fcc66fcbcf883e40b2cc

    引用元: ・【サッカー】<長友佑都>批判を歓迎!「ダメなら批判して当然。どんどん批判してもらっていい」「まだ中途半端ですよね、叩くにしても」 [Egg★]

    【長友佑都、批判歓迎!!w「どんどん批判してもらっていい」】の続きを読む

    D8911338-EFB7-4393-9119-534721F8C87A

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/01/29(土) 12:13:03.96 ID:CAP_USER9
    「中国のファンは全く理解できないと感じただろう」

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220129-00104633-sdigestw-000-6-view.jpg?pri=l&w=640&h=488&exp=10800

    日本の先制点となったPKを与えた主審の判定に、納得がいかないようだ。

     1月27日に開催されたカタール・ワールドカップのアジア最終予選で、日本代表は埼玉スタジアムに中国代表を迎え、2‐0で快勝。4連勝で2位をキープした。

    【動画】「日本に配慮した」中国メディアが糾弾したハンドの判定
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=104633

     敵国で物議を醸しているのが、13分に大迫勇也が決めたPKを与えたハンドの判定だ。右サイドから伊東純也が上げたクロスが、スライディングを仕掛けてきたMFワン・シェンチャオの広げた右腕に当たったのだ。


     中国のポータルサイト『捜狐』は、『サッカーニュース』の記者が執筆した記事を掲載。「審判の悪意のある誤解により、中国のファンは全く理解できないと感じただろう」と綴り、こう続けている。

    「多くの人々は、主審が日本に特別な配慮をしていると見ただろう。最新のFIFAガイドラインによれば、手が広がっていても、身体のバランスを保つためなら、PKを与える必要はない。ワン・シェンチャオはタックルをブロックしようとしており、彼の腕がその状態であるのは仕方ない。従って、完全にペナルティではない」

     記事は、「新しいルールの下では、自然な動きだ。論争はまったくない。これは審判による重大な誤解だ。主審は我が道を行き、映像で確認することさえしなかった」と糾弾している。

     試合の流れを左右するPKとなっただけに、怒りが収まらないようだ。

    サッカーダイジェスト 1/29(土) ん
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2d3cd1a886523663aaf708081f4471f5e0a98987

    引用元: ・【サッカー】<中国メディア>日本にPKを与えた判定をが辛辣批判!「完全にペナルティではない」「審判の悪意のある誤解だ」 [Egg★]

    【中国メディア、PK判定を辛辣批判!!w日本に忖度!??w】の続きを読む

    37DFB4FE-91CE-48AA-9E88-239DED921C2D

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/01/28(金) 21:38:39.49 ID:CAP_USER9
    サッカー本田圭佑が28日、ツイッターを更新。前日の中国戦で後半13分に交代した長友佑都について言及し、「佑都のこと、俺は好き勝手言うよ。でもメディアや他の人に言われるとなんか腹立つなー」とつづった。

     ふたりはともに欧州のクラブチームで活躍し、日本代表の主力としてしのぎを削ってきた間柄。長友は35歳になった今も日本代表のスタメンで出場しているが、プレーの内容を批判する声も高まっている。

    写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220128-00000154-dal-000-2-view.jpg?pri=l&w=640&h=569&exp=10800
     
    ディリースポーツ 1/28(金) 21:27
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4d11e87562709f38155ec261f638895c89d5cb0c

    引用元: ・【サッカー】<本田圭佑>長友批判にチクリ!「佑都のこと、俺は好き勝手言うよ。でもメディアや他の人に言われるとなんか腹立つなー」 [Egg★]

    【本田圭佑、長友批判に反論!!?w しかし昨日の活躍では…】の続きを読む

    B89F6802-208F-49F2-8D9A-9C5E636493D4

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/01/28(金) 09:12:10.81 ID:CAP_USER9
    日本代表は27日、FIFAワールドカップ・カタール大会アジア最終予選の中国戦で2-0と勝利した。その中、ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ所属であり負傷離脱しているMF三笘薫(24)の行動が波紋を呼んでいる。

     日本代表はホームに中国代表を迎えた一戦で、前半13分にFW大迫勇也(31)がPKを決めて先制。その後も主導権を握っていたが、前半のうちに追加点を奪えず1-0でハーフタイムを迎える。前半のボール支配率で70%以上を記録する中、後半も開始直後から攻勢に出ると後半16分、DF中山雄太(24)のクロスにFW伊東純也(28)が頭で合わせて追加点をマーク。中国代表にシュート2本を許したものの2-0で勝利し、勝ち点3を獲得した。

     一方、三笘薫は昨年に東京五輪男子サッカー競技に出場した後、川崎フロンターレからブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンへ完全移籍。ブライトンからユニオン・サン=ジロワーズへ1年レンタルにより加入すると、10月16日のジュピラー・プロ・リーグ第11節・セラン・ユナイテッド戦でハットトリックを達成。日本代表でもキレのあるドリブルで持ち味を発揮するなど、今後の日本代表を担う存在として期待を寄せられていたが、今月8日の練習試合に出場した際に負傷。中国戦とサウジアラビア戦の2試合では代表メンバーから外れている。

     その中、三笘薫は自身のツイッターアカウントで、セルティック所属のFW古橋亨梧(27)や自分自身の起用法を批判するSNSユーザーの投稿に「いいね」をしていた模様。27日21時時点ではすでに「いいね」を外しているものの、同選手の反応はSNS上で拡散されている。また、日本国内のサッカーファンからは「干されるかも…」と三笘薫を心配する声が上がっている。

     なお、明治安田生命J1リーグの鹿島アントラーズに所属するFW鈴木優磨(25)も、森保一監督の解任を求める投稿に「いいね」を押していたことで注目を集めている。中国代表相手に勝利したとはいえ、森保一監督は一部選手との間で問題を抱えているかもしれない。

    https://football-tribe.com/japan/2022/01/27/235485/

    引用元: ・【サッカー】三笘薫が森保一監督批判投稿に“賛同”!「干されるかも…」とファンから心配の声も [爆笑ゴリラ★]

    【三笘薫が森保監督批判投稿に“賛同”!!鈴木優磨も“いいね”w】の続きを読む

    このページのトップヘ