サッカーまにあ速報!!!

5chのサッカー関係の話題、速報をまとめているサイトです! Jリーグ、海外サッカー、選手の情報などなど幅広く取り扱っています。

    可能性


    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/09(土) 22:46:26.35 ID:CAP_USER9
    J1神戸の0E1133C4-73D8-450C-A49D-87EF31547A47
    日本代表FW大迫勇也(31)が9日、C大阪戦(10日・ノエスタ)を前にオンライン取材に応じ、W杯カタール大会に向けて「率直に言って今のままじゃ選ばれないかなというふうには感じています」と危機感を募らせた。

     森保ジャパンでは攻撃の軸として起用されてきた大迫だが、右足裂傷の負傷の影響で3月の最終予選2試合を辞退。現在は回復してリーグ戦2試合フル出場しているが、チームは開幕9戦未勝利。自身も7試合無得点と沈黙が続く。

     W杯に向けて問われると「率直に言って今のままじゃ選ばれないかなというふうには感じていますし。僕自身結果も出ていないので。この状況を少しでも好転できるようにとまずは考えていますね」と答えた。常々、リーグで結果を出すことが必要と口にしていることから「そういう選手が行くべきだと思うので。そこは自分に対してもプレッシャーを与えながらやっていきたいですね」と続けた。

     4分け5敗で17位の神戸は、C大阪戦からロティーナ新監督が指揮を執り、巻き返しを図る。新監督による2日間の練習を終え、大迫は「まずはいろんな面で整理してもらえているなと。それをピッチの上で表現するだけ。本当に結果がほしい。個人的にもすごくほしいので。チームとしてもほしいですし、それに向けて明日良い準備するだけかなと思っています」と結果にこだわる姿勢を強調した。

    ディリースポーツ 4/9(土) 14:51
    https://news.yahoo.co.jp/articles/86685bf1c7ae192c096265a8f13cf8041a0fece6

    写真
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220409-00000079-dal-000-5-view.jpg?pri=l&w=640&h=426&exp=10800

    引用元: ・【サッカー】<日本代表FW大迫勇也>W杯に向けて危機感!「率直に言って今のままじゃ選ばれないかなというふうには感じています」 [Egg★]

    【大迫勇也、W杯に向けて危機感!!?w率直に言って今のままじゃ選ばれないかなと…!】の続きを読む

    437EF558-EF35-48F8-B410-F9B545847D2A

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/03/02(水) 17:34:25.00 ID:CAP_USER9
    国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)から国際大会からの追放を通達されたロシアサッカー界が、アジアサッカー連盟(AFC)に転籍する仰天プランが浮上した

     ロシアメディア「ゴル」は「ロシアサッカーの唯一のチャンスはアジアに行くことだ」と報道。「孤立は何年も続いてしまうだろう。おそらく欧州のサッカーには戻れない。そうなれば、孤立から抜け出すための唯一の解決策はAFCに移ることだ。近年、オーストラリアがオセアニアからAFCのメンバーになった例もある」とロシアが対外試合を継続するために転籍の選択肢があると指摘した。

     驚くべき計画だが、同メディアは実現までの道筋をこう説明する。

    「UEFAはロシアが欧州サッカーから離脱するぶんには妨害しない。ロシアは地理的な位置からAFCに参加する根拠がある」と転籍の正当性を主張。そして「AFCは新しいメンバーを受け入れる準備ができている」と断言する。世界でロシア包囲網が広まる中で、AFCが転籍を認める根拠は〝あの国〟の存在だ。

    「アジア諸国は中立またはロシアへの支持を維持している。アジアで制裁を課したのは日本だけだ。そして欧州の動きは、ロシアと中国の間の緊密な関係には影響を与えない。その密度は北京五輪を前にプーチン大統領が訪問したほど濃いものだ。中国は欧米の措置に参加していない」

     ロシアの〝盟友〟ともいえる中国がAFCへの加入を後押しするというわけだ。

     そういした点を踏まえて「最も可能性の高い選択肢はこうだ。AFCはロシアの加入を承認するが、FIFAは欧州各国からの圧力を受けて、主催の大会には参加させない。したがってW杯には出場できなくなるが、少なくともアジアカップやガルフカップのようなAFC管轄の大会には参加できる。各大陸連盟はFIFAの承認なしに代表チームを認めることができ、実際にFIFAから認められないままUEFAの大会でプレーしたジブラルタルの例もある」とした。まずはAFC管轄の大会で活動しつつ、ほとぼりが冷めるのを待った上でFIFAからの制裁解除、そしてW杯への出場へとつなげる構えだ。

     AFCでは南米選手権への招待枠もあり、対外試合は多く実施できるメリットを強調。また、クラブも一緒に転籍してロシアチームがアジアチャンピオンズリーグ(ACL)に出場することになるという。

     窮地に追い込まれたロシアの起死回生の策は実現するのか。日本と対戦する可能性もあるだけに今後の行方に注目が集まる。

    写真
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220302-04033883-tospoweb-000-5-view.jpg?pri=l&w=640&h=435&exp=10800
     
    東スポ 3/2(水) 15:55
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d251e8381279d571b8166731f4588617c6a60114

    引用元: ・【サッカー】<ロシアサッカー界>アジアサッカー連盟(AFC)に転籍する仰天プランが浮上!アジアで制裁を課したのは日本だけ [Egg★]

    【ロシアサッカー界、AFCに転籍する仰天プランが浮上!!?】の続きを読む

    0D2CE9A6-392D-475A-8759-8181A5643C88

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/01/28(金) 21:36:37.45 ID:CAP_USER9
    リヴァプールが、ポルトに所属するコロンビア代表FWルイス・ディアスの獲得に迫っている。『Goal』の取材でわかった。

    2019年夏にポルト入りした25歳のルイス・ディアスは、今シーズンの公式戦28試合で16ゴールをマーク。卓越した足下のテクニックに優れるウインガーで、移籍市場の注目株となってきた。

    リヴァプールは当初、夏のルイス・ディアス獲得を視野に入れてきたが、トッテナムが今冬の移籍市場で興味を強めたため動くことに。現在は4500万ユーロ+ボーナス1500万ユーロ(計:約77億円)の移籍金で獲得を目指している。

    ルイス・ディアスの獲得に伴って注目されるのが、日本代表MF南野拓実の去就の行方だ。先日にはリヴァプールが南野へのオファーを拒否したことが伝えられたが、『Goal』のニール・ジョーンズ記者によれば状況が変化したとのこと。オファー次第で、31日の期限までに移籍する可能性が出ている。

    なお、南野には現在、リーズやモナコなどが獲得に興味を示している。


    GOAL 1/28(金) 17:43
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d0605578581c2d3d2d2f4fbbecb7d95cf7d303d

    写真 https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220128-00010019-goal-000-5-view.jpg?pri=l&w=640&h=360&exp=10800

    引用元: ・【サッカー】<南野拓実>急転直下!移籍の可能性…リヴァプールが77億円でコロンビア代表FWルイス・ディアス獲得へ... [Egg★]

    【南野拓実、移籍拒否から、、急転直下移籍の可能性!!77億円でコロンビア代表獲得??】の続きを読む

    このページのトップヘ