サッカーまにあ速報!!!

5chのサッカー関係の話題、速報をまとめているサイトです! Jリーグ、海外サッカー、選手の情報などなど幅広く取り扱っています。

    古橋亨梧

    69E06D31-B042-4F6D-9D78-120B848BA14A

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/05/14(土) 22:15:56.29 ID:CAP_USER9
     スコティッシュ・プレミアシップ最終節が14日に行われ、日本人4選手が所属するセルティックとマザーウェルが対戦した。

    【動画】古橋が圧巻2発、シーズン20ゴールの大台到達!
    https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1525442611330199554?ref_src=twsrc%5Etfw
    https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1525447075495677952?ref_src=twsrc%5Etfw

     前節に2シーズンぶり52回目のトップリーグ優勝を決めたセルティックは、古橋亨梧と前田大然が先発。井手口陽介がベンチスタートとなり、旗手怜央はベンチメンバーから外れた。

     序盤から押し込むセルティックは、21分に先制する。コーナーキックのこぼれ球をペナルティエリア左で回収した古橋が、振り向きざまに右足一閃。ニアのゴール左下に突き刺した。古橋は2試合ぶりの得点となった。

     40分、セルティックがリードを広げる。前田が自らのボールロストを取り返し、こぼれ球をデイヴィッド・ターンブルが回収。相手をかわしてペナルティエリアに侵入し、右足でゴール左下に流し込んだ。

     さらに43分、セルティックに3点目が生まれる。アンソニー・ラルストンがゴール前に浮き球を送ると、抜け出したのは古橋。後方からのボールにダイレクトボレーで合わせ、ネットを揺らした。今季公式戦20得点の大台に到達し、リーグ戦では12得点に到達した。

     59分にはセルティックに4点目が生まれる。古橋のパスに反応した前田のタッチは大きくなるが、セカンドボールに反応したジョタがゴール左下に流し込んでネットを揺らした。ジョタはリーグ戦で2桁ゴール2桁アシストに到達した。

     セルティックは63分、今季限りでの退団が発表されたトム・ロギッチや古橋らを下げ、井手口やゲオルギオス・ギアクマキスらを投入。井手口は3月14日に行われたスコティッシュFAカップ準々決勝のダンディー・ユナイテッド戦以来、今季6試合目の出場となった。

     68分、セルティックに5点目が生まれる。右サイドからジョタがクロスを送ると、相手はクリアに失敗。ゴール前に落ちてきた浮き球に対し、ギアクマキスがオーバーヘッドシュートで合わせて押し込んだ。

     試合終了間際、味方からのロングボールを前田がヘディングで折り返す。ゴール前に飛び込んだギアクマキスがボールを収めてからネットを揺らし、ダメ押しの6点目を奪った。前田はこの試合で3アシストを記録し、ギアクマキスはリーグ戦13得点に到達した。

     試合はこのまま終了し、セルティックが大勝でシーズンを締めくくった。

    【スコア】
    セルティック 6ー0 マザーウェル

    【得点者】
    1-0 21分 古橋亨梧(セルティック)
    2-0 40分 デイヴィッド・ターンブル(セルティック)
    3-0 43分 古橋亨梧(セルティック)
    4-0 59分 ジョタ(セルティック)
    5-0 68分 ゲオルギオス・ギアクマキス(セルティック)
    6-0 90+1分 ゲオルギオス・ギアクマキス(セルティック)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2410c9ba77655480e95ef4ec31083a146f31597b
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: ・【サッカー】古橋亨梧が2発でシーズン20得点に到達! 前田大然は3アシスト、王者セルティックが有終の美 [久太郎★]

    【古橋亨梧、2発で20得点に!!前田大然、3アシスト!最終節大勝で締めくくる!】の続きを読む

    001F55E9-AD86-45B6-A3D6-09ECF76A1A0B
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/25(月) 00:26:06.86 ID:CAP_USER9
    スコティッシュ・プレミアシップ第34節が24日に行われ、日本人4選手が所属するセルティックは敵地でロス・カウンティと対戦した。旗手怜央、前田大然、古橋亨梧が先発出場し、井手口陽介はベンチメンバーから外れた。ハムストリングのケガで離脱が続いていた古橋は、この試合が復帰後初のスタメンとなった。

    【動画】復帰後初先発の古橋が先制点!
    https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1518228600213803008

     スコティッシュ・プレミアシップはリーグをシーズン途中で分割するスプリット方式を採用しており、ラスト5試合は第33節終了時点の上位6チーム、下位6チームに分かれて争われる。首位セルティックは、23日に勝利した2位レンジャーズとの暫定勝ち点差「3」で試合を迎えた。

     試合の均衡が破れたのは12分、古橋の得点でセルティックが先制に成功する。右サイドからジョタがピンポイントのクロスを送ると、古橋は打点の高いヘディングでゴール右下に突き刺した。公式戦での得点は12月19日に行われたリーグカップ決勝のハイバーニアン戦以来となり、今季リーグ戦で9ゴール目となった。

     古橋は29分にもロス・カウンティのゴールを脅かす。左サイドをえぐったジョタが柔らかい浮き球で折り返すと、古橋は左足でダイレクトボレーシュートを放つが、惜しくもクロスバーに嫌われた。さらに39分、マット・オライリーが放った鋭いミドルシュートが相手GKロス・レイドローに防がれるろ、こぼれ球に古橋が反応。しかし、これもレイドローに阻まれ、絶好機を仕留めることはできなかった。

     43分、今度は前田に決定機が到来。右サイドからジョタが折り返すと、ゴール前に飛び込んだ前田が右足でダイレクトシュートを放つ。シュートは枠を捉えていたが、相手GKレイドローの好セーブに遭い得点には至らない。セルティックは1点リードで折り返す。

     セルティックは64分に古橋と前田、オライリーを下げ、ゲオルギオス・ギアクマキス、リエル・アバダ、トム・ロギッチを投入。74分には旗手に代わってデイヴィッド・ターンブルが途中出場する。

     セルティックは87分に待望の追加点を獲得する。右からの折り返しに合わせたギアクマキスのシュートはクロスバーに阻まれたが、こぼれ球をジョタが押し込んだ。

     試合はこのまま終了し、セルティックはリーグ戦6連勝でレンジャーズとの勝ち点差「6」を維持した。セルティックの次節は5月1日に行われ、ホームでレンジャーズと対戦する。

    【スコア】
    ロス・カウンティ 0-2 セルティック

    【得点者】
    0-1 12分 古橋亨梧(セルティック)
    0-2 87分 ジョタ(セルティック)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cb64930aab409bd7247043946f76c9bedb0219b6
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: ・【サッカー】先発復帰の古橋亨梧が先制弾! 前田大然と旗手怜央も先発のセルティックが6連勝 [久太郎★]

    【先発復帰古橋亨梧、先制弾!!日本人3選手先発のセルティック6連勝!!】の続きを読む

    938AD059-FAEA-4818-BAEA-7B4CB10099C6

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/02/07(月) 18:18:55.32 ID:CAP_USER9
    リーグ戦では19試合無敗

    スコティッシュ・プレミアシップで首位を走るセルティックに、称賛の声が相次いでいる。

    今季から元横浜F・マリノス指揮官のアンジェ・ポステコグルー監督が指揮を執るセルティック。序盤戦は不安定さも見られてヨーロッパリーグ(EL)敗退を喫するなど、批判の声も上がっていた。

    しかし、昨夏加入したFW古橋亨梧が8ゴールを奪えば、冬に加入した旗手怜央は3ゴール2アシスト、前田大然は2ゴールと、日本人選手が躍動。気づけばリーグ戦では19試合無敗と破竹の勢いで勝ち点を積み重ねている。

    2日の宿敵レンジャーズとの“オールドファーム”で3-0と快勝して首位に浮上したセルティックは、続くマザーウェル戦でも4-0と完勝してトップの座を守った。そして、その戦いぶりをイギリスの解説者も絶賛している。

    『スカイスポーツ』に出演した元レンジャーズのクリス・ボイド氏は、「水曜日の夜(vsレンジャーズ)から彼らは彼ら自身のパフォーマンスを突破した。最初から最後まで素晴らしかった。決して手を緩めることはなく、90分間戦い続ける。(レンジャーズにとっては)心配だよ。もはや止めるのが難しい段階に来ているからね」と手放しで称賛した。

    また、元ハミルトン指揮官アレックス・ニールも「長い長い間セルティックを見てきたけど、こんなに素晴らしいものはなかったね。リーグ内すべてのチームが恐れているだろうし、特に本拠地には行きたくないだろう。『始まる前から0-2で負けよう』、そんなことを考えるだろうね。それくらい素晴らしんだ。セルティックは止められない」と、クラブ史に残る強さだと指摘した。

    昨季はレンジャーズに無敗優勝を許し、リーグ戦連覇が「9」でストップしたセルティック。新体制の下で戦う今シーズン、王座を奪還できるだろうか。

    Goal 2/7(月) 12:32
    https://news.yahoo.co.jp/articles/80fa866b7a0c0a70f70639a0a6303b168a79dad3

    写真
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220207-00010015-goal-000-1-view.jpg?pri=l&w=640&h=404&exp=10800

    引用元: ・【サッカー】<日本人躍動のセルティックに絶賛相次ぐ!>「長い長い間セルティックを見てきたけどこんなに素晴らしいものはなかったね」 [Egg★]

    【セルティック、日本人躍動に絶賛の嵐!!w 日本の選手はセルティックに相性抜群!??w】の続きを読む

    74F35477-6FB7-4D6B-8902-E74C164A1C97
    きょうごく
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/01/24(月) 21:44:57.33 ID:CAP_USER9
    セルティックに所属するFW古橋亨梧が、DAZNで配信中の元日本代表DF内田篤人氏の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』にオンラインで出演。スコットランドのサッカーについて語っている。

    【動画】動き出し、トラップ、フィニッシュ、全てが秀逸!古橋がリーグカップ決勝で決めた圧巻ゴラッソ2発をチェック

     今シーズンにヴィッセル神戸から加入したストライカーは、怪我による離脱がありながらも、今シーズンここまで公式戦26試合で16ゴールと爆発。いまや押しも押されもせぬエースとなっている。


     そんな27歳は、内田氏から「Jリーグとの違いは?」と質問されると、「やっぱり、こっちは展開が速いですね、攻守の切り替えが速いというか」と回答。「あとは球際だったり、強度はこっちのほうが高い」と続けている。

     内田氏が「スコットランドって結構荒いですよね?体格も大きいし」と尋ねると、「荒いですね。見えないところで掴まれたりもしますし」と返答した。

     それでも、小柄ながら屈強なDFたちと渡り合い、抜群の得点感覚を発揮している古橋。現在は故障離脱中だが、復帰後のさらなる活躍が期待される。
     
    サッカーダイジェスト 1/24(月) 17:45
    https://news.yahoo.co.jp/articles/669a0a4c7fdca1e03d19ffeb3defea4b4d31530f  

    写真https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220124-00104375-sdigestw-000-6-view.jpg?pri=l&w=640&h=543&exp=10800

    引用元: ・【サッカー】<古橋亨梧(セルティック)>Jリーグとスコットランドの違い「球際だったり、強度はこっちのほうが高い」 [Egg★]

    【古橋亨梧が語るJリーグとスコットランドの違い!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ