サッカーまにあ速報!!!

5chのサッカー関係の話題、速報をまとめているサイトです! Jリーグ、海外サッカー、選手の情報などなど幅広く取り扱っています。

    ブンデスリーガ

    E21E3B1F-EE8C-47D5-9A59-B20379DD11FB

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/05/15(日) 00:58:07.31 ID:CAP_USER9
    5/15(日) 0:50
    配信
    FOOTBALL ZONE
    ブンデスリーガ最終節のケルン戦、後半アディショナルタイムに遠藤がゴール

     ドイツ1部シュトゥットガルトは、現地時間5月15日のブンデスリーガ最終節となる第34節でケルンと対戦。日本代表MF遠藤航が後半アディショナルタイムに劇的な決勝ゴールを叩き込んで2-1と勝利し、シュツットガルトも1部残留を決めてクラブが「おぉキャプテン!」と絶賛。ファンからも称賛の嵐となっている。

     試合前の時点で2部との入れ替え戦出場圏内の16位だったシュツットガルト。負けられない一戦となるケルン戦。前半12分にシュツットガルトが先制するも、後半14分に被弾し、1-1のまま終盤を迎えた。

     後半アディショナルタイム、シュツットガルトが左コーナーキックを獲得。ニアサイドに飛んだボールに触って方向が変わり、ゴール前に飛び込んだのが遠藤だった。身体を投げ出す魂のヘディングシュートを叩き込み、会場は優勝したかのごとくヒートアップし、監督や選手、ファンが一体となって狂喜乱舞した。

     遠藤の一撃で勝利したシュツットガルトは15位に浮上し、劇的な形で残留が決定。シュツットガルト公式ツイッターも「おぉキャプテン!」と絶賛したなか、ファンからも「信じられない」「夢のようだ」「スーパーゴール」と称賛の嵐となっている。

    FOOTBALL ZONE編集部
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5033d47e08c6bdfa4c3b73112379735de6a80c4a

    引用元: ・【サッカー】シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」 [豆次郎★]

    【遠藤航、終了間際残留へ導く決勝ゴール!!シュツットガルト劇的残留!!】の続きを読む


    10CB273B-D981-48C9-BDC5-9CB00DF1C7A3
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/24(日) 09:59:10.35 ID:CAP_USER9
     ブンデスリーガ第31節が23日に行われ、バイエルンとドルトムントが対戦した。

     首位に立つホームのバイエルンと2位ドルトムントの直接対決。バイエルンは勝利すると3試合を残してのリーグ優勝が決まり、前人未到の10連覇を達成する。引き分けでも得失点差の関係で、ほぼバイエルンの優勝が決まるだけに、ドルトムントは勝利を手にして眼前での決定を阻止したいところ。

     試合が動いたのは15分。右CKを手にしたバイエルンはゴール前へのボールをレオン・ゴレツカがヘディングで落とし、ゴール正面ペナルティエリアのライン上付近でセルジュ・ニャブリがワントラップからボレーシュートを叩き込み、早々に先行する。

     優位に立ったバイエルンは34分にも、相手陣で激しくプレッシャーをかけると、奪いきってトーマス・ミュラーからロベルト・レヴァンドフスキへ。冷静にGKとの1vs1を制して、リードを広げて前半を終えた。

     まずは1点を返したいドルトムントは後半の立ち上がり、ペナルティエリア内でマルコ・ロイスがジョシュア・キミッヒに倒されてPKを獲得。これをエムレ・ジャンが決めて、1点差とする。このまま同点としたいドルトムントだったが、次の1点はなかなか奪えず。すると83分、後半途中から出場のジャマル・ムシアラがバイエルンの勝利を呼び込む3点目を獲得。

     試合はこのまま終了。3-1で勝利したバイエルンがホームで10連覇を達成し、ブンデスリーガ創設の1963年以降で31度目の栄冠に輝いた。

    【スコア】
    バイエルン 3-1 ドルトムント

    【得点者】
    1-0 15分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
    2-0 34分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
    2-1 52分 エムレ・ジャン(PK)(ドルトムント)
    3-1 83分 ジャマル・ムシアラ(バイエルン)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/62d0252efe5f2723a36cf332f6c893a51d12f105

    引用元: ・【サッカー】バイエルン、ブンデスリーガ10連覇達成! 2位ドルトムントとの直接対決制す [久太郎★]

    【バイエルン、ブンデスリーガ10連覇達成!2位との直接対決制す!】の続きを読む

    1FA06A0F-AB9B-4130-BC37-18B9C4379D95

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/23(土) 15:01:11.19 ID:CAP_USER9
    今季は8ゴール15アシスト
    ヘンクに所属する日本代表FW伊東純也にブンデスリーガの強豪レヴァークーゼンが興味を示しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。

    伊東は2019年2月にヘンクへと加入。今季は苦しむチームの中でレギュラーシーズン34試合に出場し、8ゴール15アシストを記録。FWパウル・オヌアチュとともに主力としてチームを牽引し、UEFAヨーロッパカンファレンスリーグ出場権をかけたプレーオフ2出場へと導いている。

    そんな伊東にブンデスリーガの強豪レヴァークーゼンが興味。『カルチョメルカート』によると、「レヴァークーゼンはイトウの動向を注視」しているようだ。レヴァークーゼンはブンデスリーガで4位につけており、来シーズンはチャンピオンズリーグ出場の可能性も残している。

    なお、伊東とヘンクの契約は2024年6月まで。一方で、ベルギーメディアはヘンクの財政状況に言及し、「イトウもオヌアチュも例外ではない」とし、今夏退団の可能性も指摘していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5a9ee3fea66e82783ba209805d542b8c3635a1b

    引用元: ・【サッカー】日本代表FW伊東純也にレヴァークーゼンが興味か…ブンデスリーガ4位の強豪クラブ [久太郎★]

    【伊東純也、レヴァークーゼンが興味!??ステップアップしてほしい!!w】の続きを読む

    97293A2A-D2A0-4CB1-9BBD-CEEB8236D947

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/03/02(水) 06:36:01.76 ID:CAP_USER9
    3/2(水) 6:15配信
    東スポWeb

    キックの精度には定評があるMF田中碧(東スポWeb)

     森保ジャパンの懸案だったセットプレーのキッカー問題で、MF田中碧(23=デュッセルドルフ)が有力候補に急浮上している。

     代表ではかつてMF中村俊輔(横浜FC)、MF遠藤保仁(磐田)、MF本田圭佑など名手がおり、セットプレーが大きな得点源となっていた。しかし、森保ジャパンになってからは正キッカーがなかなか決まらず〝日替わり〟に近い状態。MF久保建英(マジョルカ)はキックの精度に定評があるが、代表ではレギュラーに至っておらず最近は出場時間も少ない。

     そうした中で、森保一監督は有力候補として意外な選手を指名。「川崎の時は碧がセットプレーのキッカーをやっていた。彼のキックの質は非常にいい。速いボールも蹴れるし、縦落ちのボールもピンポイントで蹴れる。我々のチームの武器になる」と絶賛。「やってほしいと思っている」と正キッカーに最も近い存在として能力を高く評価している。

     ただ、田中は所属クラブでキッカーを担当しておらず、実戦での精度に課題が残る。そこで指揮官は「自分でボールを奪いにいってほしい。本人が確固たるポジションをつかむためにも、チームの活動から『蹴らせてくれ』と。それくらい素晴らしいものを持っている。いつも要求している」とクラブでキッカー役の〝強奪〟を指令した。

     田中が不動のキッカーに成長すれば得点力アップが期待できそうだ。

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220302-04032791-tospoweb-000-4-view.jpg
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6ffee67b5d76705cb9ad28a3bebfb3ac1d18f732

    引用元: ・【サッカー】森保ジャパン “正キッカー” にMF田中碧が急浮上 監督猛ゲキ「奪いにいってほしい」 [爆笑ゴリラ★]

    【森保ジャパン 、正キッカーに田中碧?? 監督「奪いにいってほしい」も、まず試合に…】の続きを読む

    8B873643-F24D-459F-80B8-F721BA56E1AF

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/02/26(土) 20:42:06.71 ID:CAP_USER9
    欧州のトップリーグを目指して奮闘を続ける日本人プレーヤーの去就が注目を集めている。スコットランドの名門セルティックが今季終了後に、ブンデスリーガ2部のシャルケでプレーする日本代表DF板倉滉の獲得に動く可能性があると複数の英メディアが報じている。 
     
     昨夏にもセルティックの板倉獲得の可能性があったと伝える英紙『Daily Record』は、「アンジェ・ポステコグルー監督がこの25歳の大ファンであり、現役の日本代表選手であることから、ふたたび興味を示すだろう」と指摘。依然としてクラブの重要なターゲットのひとりだとした。
     
     また、セルティックの専門メディア『The Celtic Star』は、シャルケ加入の1年以上前からセルティックが板倉を調査していたと報道。シャルケのスポーツディレクター、ルーヴェン・シュローダー氏の「セルティックも必死だったが、我々は彼らを打ち負かすことが出来た」というコメントを掲載し、獲得に至った経緯が報じた。
     
     板倉は2019年1月にベガルタ仙台からプレミアリーグのマンチェスター・シティに完全移籍。だが、労働ビザの取得が進まなかった影響もあり、エールディビジのフローニンヘンに期限付きで移籍すると、そのおよそ2年半後に、同じくレンタルで現在のシャルケへと渡った。

     この間に25歳のCBは、東京五輪や先月のワールドカップアジア最終予選の中国戦とサウジアラビア戦にも出場するなど、日本代表でも存在感を発揮。着実に成長を遂げている。
     
     一方で、本人にスコットランドの名門への移籍、さらには保有元であるマンチェスター・C復帰の選択肢にないようだ。

     英サッカー専門サイト『TRIBAL FOOTBALL』によれば、板倉はシャルケ残留の意志が固く、今後は「シャルケに足跡を残していく」と語っている。また、マンチェスター・Cについても「彼(ペップ・グアルディオラ監督)とは一度も話をしたことがない」として、シャルケへ完全移籍の可能性も示唆している。 
     
     さらに「上(1部)を目指さない理由はない」と、トップリーグでのプレーが前提とも語る板倉。現在、シャルケはブンデスリーガ2部の5位につけており、来季も同クラブの一員であり続けるためには、昇格が絶対条件となる。クラブへの強い思いを示した25歳の来シーズンには、果たしてどんな未来が待っているのだろうか。 

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2c5ce6e6d0b45d4fba5c53fef5218bb292e9815b

    引用元: ・【サッカー】セルティックが板倉滉の獲得に動いてると英メディアが報道!一方で板倉はシャルケ残留を示唆「足跡を残していく」 [久太郎★]

    【板倉滉、セルティックからオファーの可能性!??本人は残留希望!!】の続きを読む

    このページのトップヘ