サッカーまにあ速報!!!

5chのサッカー関係の話題、速報をまとめているサイトです! Jリーグ、海外サッカー、選手の情報などなど幅広く取り扱っています。

    スペイン

    0A190544-595C-4F71-8446-BA5D630D5D64
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/05/08(日) 06:20:19.34 ID:CAP_USER9
    [5.7 ラ・リーガ第35節 マジョルカ 2-6 グラナダ]

     ラ・リーガ第35節が7日に開催され、MF久保建英の所属する16位マジョルカはホームで降格圏内の18位グラナダに2-6で敗れた。
    前節バルセロナ戦(●1-2)に続いて2連敗。他会場の結果次第で降格圏内に転落する可能性も出てきた。久保は2試合ぶりにスタメン出場。後半40分までプレーした。

    勝ち点1差で迎えた残留争いの直接対決。右サイドハーフに入った久保は前半4分にいきなり決定機を迎える。自身の仕掛けからペナルティエリア内左のこぼれ球に反応し、至近距離から左足でシュート。しかし、GKに体を張ってブロックされた。

     すると直後の前半6分にグラナダが先制する。左CKからゴール前で混戦となり、ファーのFWルイス・スアレスが右足で蹴り込んだ。

     マジョルカは久保も絡んでチャンスを作り続け、前半28分に追いつく。久保が右サイドから折り返し、ペナルティエリア手前中央のFWベダト・ムリキが落とすと、
    MFサルバ・セビージャが右足で強烈なミドルシュート。ゴール左に突き刺さり、1-1とした。

    だが、ハーフタイムを挟んで後半1分に守備の隙を突かれ、DFセルヒオ・エスクデロに勝ち越し弾を許す。同10分にもディフェンスを崩され、MFアントニオ・プエルタスに追加点を奪われた。

     1-3となったマジョルカは後半13分、右サイドのDFパブロ・マフェオがクロスを送り、攻め上がっていたDFアントニオ・ライージョの豪快なヘディング弾で1点差に迫る。

     それでもグラナダの勢いを止めることはできない。後半24分、FWホルヘ・モリーナに右足でグラウンダーのミドルシュートを決められ、再び2点のビハインドを背負う。同33分には、
    ペナルティエリア内中央で粘ったFWミルト・ウズニに押し込まれて2-5。久保が交代で退いた後の同45分にはモリーナにネットを揺らされ、2-6の大敗を喫した。

    試合後、マジョルカの本拠地エスタディ・デ・ソン・モイシュのファンからは大ブーイング。また、次々と失点する展開の中、終了を待たずにスタンドを後にする観客も目立った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6658a9b1a29d311c4b235400b71e7aa089c857aa

    前スレ 1:2022/05/07(土) 23:06:47.28
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1651932407/

    引用元: ・【サッカー】スタンドから大ブーイング&途中で帰る観客も…久保建英スタメンのマジョルカ、残留争い大一番で6失点大敗★2 [ゴアマガラ★]

    【久保建英、マジョルカ6失点大敗…スタンドから大ブーイング…】の続きを読む

    00EFC795-662D-4FF9-8EA4-5D5D1E5E529A

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/05/03(火) 06:31:27.92 ID:CAP_USER9
    日本サッカー界の〝至宝〟がカタールW杯メンバーから落選する可能性が浮上した。11月開幕のW杯に臨む日本代表MF久保建英(20)は、所属するスペイン1部マジョルカでレギュラーから陥落。
    しかも今シーズンは日本代表でポジション争うライバルたちに大きな差を付けられており、大舞台に臨む森保ジャパン入りを懸念する声が高まっている。

    久保が窮地に立たされている。スペイン紙「アス」は「日本は久保に期待しているが、大きな希望は取るに足らないものになった。森保監督の計画において重要性を失い、
    期待は希薄になっている」と指摘し「これまで彼の立場はW杯に向けて危険にさらされていなかったが、もう明確ではない。このまま行けば久保は岐路に立つ」と伝えた。

    日本代表で久保の現状は、W杯アジア最終予選で歴代最多となる4試合連続ゴールをマークするなどMVP級の活躍を見せたMF伊東純也(29=ゲンク)が務める右サイドの控え。
    さらに4―2―3―1のシステムを採用した場合でも、久保が得意とするトップ下のポジションは10番を背負うMF南野拓実(27=リバプール)が一番手となる。

    J1クラブの強化担当者は「さすがにタケは選ばれるとは思うけど、今は伊東を外せないからあくまでサブ」としながらも「ただ攻撃陣は、どのポジションもサバイバルでしょ。
    そこで何をアピールできるか。スピードがあるとか、得点が取れるとか、守備がうまいとか…。何か特筆するものがなければ(W杯メンバーとして)生き残るのは厳しいのかもしれない」と語っていた。

    久保は攻撃面で非凡な才能を発揮しているものの、肝心のゴールに関しては明らかに物足りない。A代表では期待されながらもいまだにノーゴール。マジョルカでも今季公式戦2得点とまったく結果が出ていない。
    4月末の時点ながら同じ左利きで右サイドのメンバー入り争うライバルのMF堂安律(23=PSVアイントホーフェン)は今季公式戦9得点。トップ下を争うMF鎌田大地(25=Eフランクフルト)も同じく9得点をマークしている。

    また守備面では、森保監督が久保について「守備の強度はまだ足りない」と指摘していたように現在でも大きな課題。実際に、元日本代表の指揮官で、3月末からマジョルカを率いるハビエル・アギーレ監督も「足元の技術はうまいが、
    サッカーでは攻撃と守備が重要だ」と久保の守備力に注文を付けてレギュラーの座を剥奪をしたように、W杯では攻撃陣でもある程度の守備力がなければ、ポジションを確保できないのは間違いない。

    Jクラブ関係者は「じゃあ左サイドっていっても、南野と最終予選で活躍した三笘(薫=サンジロワーズ)もいるし、守備ができる原口(元気=ウニオン・ベルリン)もいるし…」と話しており、
    こちらも厳しい見通しといえる。W杯開幕まで約6か月。なかなか覚醒しない久保はW杯メンバーの座を勝ち取れるか。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/japan/4163471/
    https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/04/dc0b1833dde387efac5daa29a940c159-406x450.jpg

    引用元: ・【サッカー】久保建英 カタールW杯落選の可能性は…競争激化で「特筆するものなければ厳しい」の声 [ゴアマガラ★]

    【久保建英、W杯メンバー入りの可能性は!??期待値は誰よりも高かったが、未だノーゴール…】の続きを読む

    22D6EB52-E109-4BC6-9B24-71EAEF2DC446

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/05/01(日) 01:15:50.90 ID:CAP_USER9
    レアル・マドリーは30日にラ・リーガ第34節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのエスパニョール戦に臨み、4-0の勝利で2年ぶり35回目の同リーグ優勝を果たした。

    優勝まであと勝ち点1が必要だったマドリー。アラバを負傷、ナチョ&ミリトンを出場停止で欠くアンチェロッティ監督は、センターバックに復帰明けのカセミロ、またバジェホを登用。そのほかベンゼマやヴィニシウスをベンチに置くなど4日後のマンチェスター・シティ戦とのセカンドレグを睨んでローテーションを敢行し、GKクルトワ、DFルーカス・バスケス、カセミロ、バジェホ、マルセロ、MFモドリッチ、カマヴィンガ、セバジョス、FWアセンシオ、マリアーノ、ロドリゴをスタメンで起用した。

    試合は、中井卓大含めたマドリーのユースチームのコパ・デル・レイ優勝トロフィーお披露目、ラファ・ナダルの始球式の後にキックオフ。前半はエスパニョールのボールポゼッションを許す時間帯もあったマドリーだったものの、ロドリゴが効率よく得点を重ねていった。

    ブラジル人FWはまず34分、ペナルティーエリア内左のマルセロが出したマイナスのパスから中央に切れ込み、右足のシュートで先制点を記録。さらに43分には、相手ペナルティーエリア内でのマリアーノがヤンヘルにプレスを仕掛け、転がったボールをかっさらって、そのままシュートを沈めた。前半は2-0で終了のホイッスル。なお前半7分、ベルナベウは「イジャ・イジャ・イジャ! フアニート・マラビージャ!」のお馴染みのチャントの後、クリスティアーノ・ロナウドのチャントも叫び、息子を失った彼への愛情を表明していた。

    後半、エスパニョールの反撃に苦しむマドリーだったが、55分に勝負を決定づける3点目を記録。中盤でのモドリッチのボール奪取から、カマヴィンガ、アセンシオとパスをつないでいき、背番号11がペナルティーエリア内に入り込み右足のシュートでネットを揺らした。アンチェロッティ監督はその直後となる60分に交代カードを3枚切り、モドリッチ、マリアーノ、カセミロを下げてクロース、ベンゼマ、イスコをピッチに立たせた。

    「カンペオーネス(チャンピオンたち)! カンペオーネス!」のチャントはもちろんのこと、「ピケ、馬鹿野郎、チャンピオンに挨拶しろ!」「チョロ(シメオネ監督)残ってくれ!」「ラポルタは夢を見続けてる。見続けてるぞ!」と、優勝争いのライバルたちにちなんだチャントも歌うなどお祭り状態のベルナベウ。71分にはイスコもゴールを決めたが、これはGKディエゴ・ロペスの視界をロドリゴが遮っていたとして取り消しに。3分後、アンチェロッティ監督はカマヴィンガ、ロドリゴとの交代でヒラ、ヴィニシウスを投入した。

    そして81分、今季前線の看板コンビがゴールショーを締めくくった。イスコのパスからヴィニシウスが左サイドを突破し、折り返されたボールにベンゼマが左足で合わせてチーム4点目。ベンゼマはこれが今季43試合43得点目、ラ・リーガ26得点目となった。完全に決着をつけて、「跳べ、ベルナベウ!」のチャントや、ウェーブが起こるベルナベウで、試合は終了のホイッスル。レアル・マドリーはラ・リーガ優勝回数を35回として、バルセロナ(26回)、アトレティコ・マドリー(11回)をさらに引き離した。

    なおアンチェロッティ監督はイタリア、イングランド、ドイツ、フランス、そしてスペインと、欧州5大リーグすべてで優勝した史上初の監督となっている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b53a63f121f319ebdda2d07174f902265229cd11

    引用元: ・【サッカー】レアル・マドリーが2季ぶり35回目のラ・リーガ優勝!アンチェロッティは欧州5大リーグすべてを制した史上初の監督に [久太郎★]

    【レアル・マドリード、2季ぶり35回目優勝!!アンチェロッティ、欧州5大リーグすべて制覇した史上初の監督に!!】の続きを読む

    1163DB8D-E3F9-4014-AEC9-0ABA6058FE54

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/05(火) 21:40:31.22 ID:CAP_USER9
    日本代表は、11月に開幕するFIFAワールドカップカタール2022グループリーグでスペイン代表、ドイツ代表、大陸間プレーオフ勝者(コスタリカ代表orニュージーランド代表)と同じE組に入った。

     スペインやドイツという優勝候補と同居することになった日本だが、果たしてグループリーグ突破の可能性はどれくらいあるのだろうか。ブックメーカー『Sky Bet』社のグループ突破のオッズを見ると、スペインが1.11倍、ドイツが1.17倍、そして日本が4.33倍となっており、日本のグループ突破は難しいように見える。では、海外メディアはE組をどう報じているのか、その反応をまとめてみた。

    日本代表は「不運を呪っている」? 英国メディアの反応は…

    イギリス紙『ガーディアン』はグループEについてこう綴る。「真っ先に目に入るのは2010年と2014年の世界王者同士の対戦となるスペイン対ドイツだ。直近2大会で残念な結果に終わっているスペインだが、ルイス・エンリケ監督が直線的なスタイルも組み込んだことで復活の兆しを感じる」

    「ドイツは前回大会、韓国に敗れる屈辱を味わって80年間で初めてグループリーグ敗退の憂き目に遭い、その時点でヨアヒム・レーヴ前監督は退任すべきだったが、EURO2020まで指揮して散々な結果に終わった。とはいえ、ハンジ・フリック監督政権になってからのドイツは結果を出している」

     日本代表については「チーム内に欧州リーグ経験者を多数抱える」とチーム力を評価しつつ、「またしても厳しいドローに見舞われて少し不運を呪っているかもしれない」と日本の突破が難しいことを予想している。

     スポーツ専門メディア『アスレティック』のドイツ担当記者は、ドイツが“ポット2”だったことを踏まえて「ドイツは総合的に考えて組み合わせに満足しているだろう」と綴る。チームの要となる選手ついては「元ドイツ代表監督のベルティ・フォクツの『スター選手はチームだ』という言葉が今でも有効だが、あえて挙げるとすればGKマヌエル・ノイアーだろう。過渡期にあるDF陣を安定させる」と、欧州予選10試合で36ゴールを叩き出した攻撃力よりも守護神の名前を挙げた。

     一方で、同メディアのスペイン担当記者はE組について、「スペインにとって親切なグループだが、ややこしい展開になる危険も」と警戒。それでも、「ドイツという厄介な相手と同組に入ったとはいえ、グループ突破はほぼ安泰だろう」と、スペインの16強進出を予想している。

    「コスタリカ/ニュージーランドの初戦で良いスタートを切れるはず。第2戦は最大の試練となるドイツ戦だが、最近7度の対戦では1敗しか喫していない相手で、2020年11月のUEFAネーションズリーグの対戦では6-0で蹴散らしている」

    「日本との最終戦は、ヴィッセル神戸にMFアンドレス・イニエスタがいるので両国の関係を考えると興味深いが、スペインにとっては頭痛の種にはならない試合だろう」

    サッカーキング 4/5(火) 19:58
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cb424cb9757b58faeb59c81eee545a7d3d766c62

    写真
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220405-01637277-soccerk-000-2-view.jpg?exp=10800



    [写真]=Getty Images

     スペインのマスコミもE組については、“与し易い”と考えているようだ。スペイン紙『マルカ』は「同組にドイツが入って一瞬強張るも、結局は良心的なグループになった」と報じている。「今回は死のグループはない。スペインのE組がそれになりかけたが、日本とプレーオフ勝者が入ったことで、かなり易しくなった」

     同じくスペインの『エル・パイス』紙もグループ突破を確信しており、「骨のある相手が1つと、残るは格下2チーム」とE組を分析。「もしスペインがグループリーグで敗退したら歴史的な大惨事」と煽り、既に決勝トーナメントを見据えて、「2位通過ではF組1位のベルギーと対戦するため、ドイツとの首位争いは激戦になるだろう」と予想している。ただ、「スペインにとって日本やコスタリカ、ニュージーランドといったチームは、早いうちに先制しなければ最終的に苦しむことになる典型的な相手だ」と、一抹の不安が残っていることも認めている。

     果たして日本は、強豪2カ国を相手に2大会連続のグループリーグ突破を果たすことができるのか。今から11月の本番が楽しみだ!

    引用元: ・【サッカー】<日本代表>下馬評を覆せるのか?対戦国は“2強2弱”のE組突破に楽観的「日本戦は楽..」「スペインが敗退したら大惨事」 [Egg★]

    【日本代表、2強2弱の下馬評覆せるのか??対戦国は日本戦は楽…】の続きを読む

    B83051A4-3902-4501-BC7D-46886C38E0E0

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/02(土) 02:08:31.75 ID:CAP_USER9

    引用元: ・【サッカーFIFAW杯カタール大会】日本はグループE スペイン、ドイツと対戦 日本初戦は11/23(水) [サザンカ★]

    【日本はグループE スペイン、ドイツと対戦が決定!!】の続きを読む

    このページのトップヘ