サッカーまにあ速報!!!

5chのサッカー関係の話題、速報をまとめているサイトです! Jリーグ、海外サッカー、選手の情報などなど幅広く取り扱っています。

    J 1

    7631AD9B-42C2-46D2-84A9-25F2FEE9ADAB

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/05/13(金) 21:31:23.20 ID:CAP_USER9
    浦和 0-0 広島
    [得点者]
    なし

    スタジアム:埼玉スタジアム2002
    入場者数:16,030人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2022/051301/livetxt/#live

    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    引用元: ・【サッカー】J1第13節金曜 浦和×広島 結果 [久太郎★]

    【浦和×広島 結果!!浦和レッズ、まさかの…】の続きを読む

    48ACB13D-F291-460B-A249-E864985E31FF

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/05/08(日) 20:00:37.86 ID:CAP_USER9
    J1神戸が8日のG大阪戦(パナスタ)で0―2と完敗を喫し、リーグ戦で開幕から11試合未勝利となってしまった。

     神戸はFW大迫勇也とMF武藤嘉紀ら強力攻撃陣が先発し、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグをコンディション不良で欠場した大黒柱の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを後半9分から投入するなど役者が揃い踏みしたが不発。
    内容的にもG大阪に33本のシュートを許したのに対し、わずか5本のシュートに終わってまさに惨敗だった。

    これで神戸は開幕4分け7敗で勝ち点はわずか4。最下位に低迷している。試合内容は悪化する一方で光は見えず、いよいよJ2降格も現実味を帯びてきた。

     ネット上では神戸だけでなく他クラブのファンやサポーターも巻き込んで議論が沸騰。「神戸終わりだなぁ…J2にイニエスタ行かせられないから引退か、スペイン帰るのかな」
    「いまの神戸、J2でも勝てないと思うが」といった悲観的な声に加え「大多数のJ2チームにとっては、このまま神戸がJ2に降格してくれれば間違いなくホームで満員の観客が見込めるから、
    今の状況を涎(よだれ)を垂らしながら見てるんだろうなあ」「J2イニエスタいいやんけ。地域経済の活性化に貢献して、社会貢献やんけ」などとJ2で有名選手のプレーが見られることを期待してまさかの〝J2待望論〟まで沸き起こっている。

    これから怒とうの巻き返しはあるのか、それとも〝銀河系J2軍団〟となるのか。神戸の今後のプレーに注目が集まる。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cbe145f97244194922a7dec04b68f716a62e8aa6

    引用元: ・【サッカー】J1神戸またボロ負けで開幕11戦未勝利 降格まっしぐら…来季J2への “待望論” も [ゴアマガラ★]

    【神戸、また負けた…開幕11戦未勝利で、降格へまっしぐら!】の続きを読む

    47E256F5-E9BB-4625-9D16-C0B9DC458914

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/05/07(土) 12:19:36.47 ID:CAP_USER9
    明治安田生命J1リーグのヴィッセル神戸は、かつて川崎フロンターレやコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)、
    東京ヴェルディに在籍していたブラジル代表FWフッキ(35)の獲得に失敗していたようだ。6日、米メディア『ESPN』が伝えている。

    同選手は2005年から2008年にかけてJリーグの舞台でプレーした後、ポルトガル1部のポルトやロシア1部のゼニト・サンクトペテルブルク、中国スーパーリーグの上海上港(現上海海港)に在籍。
    昨年1月にカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)のアトレチコ・ミネイロに加入すると、昨季はリーグ戦35試合の出場で19ゴール7アシストをマーク。50年ぶりとなるリーグ優勝に大きく貢献していた。

    そして今年3月16日にはアトレチコ・ミネイロと新契約締結。今季もカンピオナート・ミネイロ(ブラジル・ミナスジェライス州選手権)で10ゴールをマークして優勝に貢献したほか、4月開幕のリーグ戦でもここまで4試合中3試合に先発出場し、はやくも3得点をあげている。

    そんなフッキは『ESPN』のインタビューに応じた際、アトレチコ・ミネイロとの契約延長をするまでの過程を聞かれると「日本だけでなく、他の国からも声がかかったんだ。たくさんのオファーが届いたね。
    僕のことを受け入れてくれたアトレチコ・ミネイロでいつも集中しているし、とても幸せだよ。もうひとり娘もできたし、家庭を明るくしてくれている。妻も幸せだし、僕も今を楽しんでいるんだ」

    「僕はアトレチコ・ミネイロとの契約を更新した。もし、他のクラブでプレーすることになる場合には、自分の将来を神の手に委ねるよ。アトレチコ・ミネイロは素晴らしいクラブだし、
    このクラブで美しい物語を書き続けたいと思っているよ」とコメント。Jリーグクラブをはじめブラジル国外からの複数オファーを却下したことを明かしている。

    さらに『ESPN』は「フッキにオファーを出した日本のクラブは、元CRフラメンゴのリンコンが所属するヴィッセル神戸だ」と報道。選手本人はクラブ名こそ言及しなかったものの、ヴィッセル神戸移籍を断っていたようだ。

    なお、フッキとアトレチコ・ミネイロの契約期間は2024年12月までとなっているほか、今回の契約更新では一定の出場試合数を上回った場合に自動適用される1年間の契約期間延長オプションも盛り込まれているという。

    https://football-tribe.com/japan/2022/05/07/242472/

    引用元: ・【サッカー】神戸、フッキ獲得失敗していた!「日本からオファーが…」すでにブラジル1部と契約延長 [ゴアマガラ★]

    【神戸、フッキ獲得失敗していた…??それよりも補強すべきところがあるような…w】の続きを読む

    616C50F1-05C5-4724-A339-FA1319725590

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/05/03(火) 19:58:19.88 ID:CAP_USER9
     J1浦和レッズは5月3日、日本代表DF酒井宏樹が負傷した右足第5中足骨の保存療法を継続していたなかで同日に手術を行ったと発表した。全治は約2か月の見込みとなっている。

     酒井は3月19日のJ1リーグ第5節ジュビロ磐田戦(4-1)の前半から右足を痛そうな素振りを見せ、後半途中に交代。その後、右足第5中足骨骨挫傷と診断されてカタール・ワールドカップ(W杯)のアジア最終予選第9節オーストラリア戦(アウェー/3月24日)と第10節ベトナム戦(ホーム/同29日)に臨む日本代表から離脱していた。

     浦和は「負傷した右足第5中足骨に対して保存療法を継続していた酒井宏樹が、2022年5月3日(火・祝)に手術を行いましたので、お知らせいたします。全治は約2ヵ月の見込みです」と発表した。

     復帰は7月と見られる一方、日本代表は11月にW杯を控えており、今後の動向に注目が集まる。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5f149ed9cdf9015723f1236d03095c2b8a28d4c6

    引用元: ・【サッカー】浦和の日本代表DF酒井宏樹、右足第5中足骨の保存療法から手術 全治約2か月と発表 [久太郎★]

    【酒井宏樹、右足第5中足骨骨挫傷で手術…復帰は7月の見込み!】の続きを読む

    F1103A94-1AB1-4DC9-9058-E57D7DD9885E

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/29(金) 17:59:48.48 ID:CAP_USER9
    柏 1-4 鳥栖
    [得点者]
    27'本田 風智(鳥栖)
    45'田代 雅也(鳥栖)
    55'細谷 真大(柏)
    64'福田 晃斗(鳥栖)
    82'飯野 七聖(鳥栖)

    スタジアム:三協フロンテア柏スタジアム
    入場者数:5,114人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2022/042903/live/#live


    C大阪 0-3 鹿島
    [得点者]
    06'鈴木 優磨      (鹿島)
    14'松村 優太      (鹿島)
    90+1'アルトゥール カイキ(鹿島)

    スタジアム:ヨドコウ桜スタジアム
    入場者数:9,883人
    https://www.jleague.jp/match/j1/2022/042904/live/#live


    J1順位表
    https://www.jleague.jp/standings/j1/

    引用元: ・【サッカー】J1第10節夕 柏×鳥栖、C大阪×鹿島 [久太郎★]

    【セレッソ大阪×鹿島アントラーズ、鳥栖×柏!アントラーズ、C大阪相手に10連勝!!さすがの強さ!!あとは、あの人を代表に…】の続きを読む

    このページのトップヘ