サッカーまにあ速報!!!

5chのサッカー関係の話題、速報をまとめているサイトです! Jリーグ、海外サッカー、選手の情報などなど幅広く取り扱っています。

    3A17C80F-2472-4BFF-8236-49FD192DFD6E

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/29(金) 07:53:29.48 ID:CAP_USER9
    2021-2022のUEFAヨーロッパリーグ(EL)の準決勝第1レグが28日に行われ、フランクフルト(ドイツ)は敵地でウェストハム(イングランド)と対戦した。開始1分にアンスガー・クナウフのゴールで先制したが、
    21分にミカイル・アントニオの得点で追いつかれた。だが、後半に鎌田大地が勝ち越しゴール。2-1で勝利を手にした。なお、長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。

    今大会5ゴール目をマーク!
     互いに1点ずつを取り合って迎えた後半の54分だった。ジブリル・ソウとイェスパー・リンストロムがワンツーでウェストハムの最終ラインを突破。
    ソウのシュートは一度は、GKアルフォンス・アレオラにストップされたが、素早く詰めた鎌田が左足でボールをひっかけるようにシュート。敵地に乗り込んだフランクフルトが勝ち越しゴールを挙げた。

    鎌田にとっては今大会5ゴール目。国内リーグも合わせれば9点目。チームを前向きにさせ、そして勝利をグッと引き寄せる価値ある一発になった。

    得点直後はフランクフルトも引き過ぎることなく、相手にプレッシャーをかけてボールを奪取しては効果的なカウンターを仕掛けていった。その後70分を過ぎたあたりからは自陣に押し込まれる時間も増え始めたが、
    守備から攻撃に切り替えの際には鎌田がキープ力を発揮し、味方にひと息をつく時間を与えると同時に攻め上がりを促してみせる。
    準々決勝のバルセロナ戦でも見せたように、チームに落ち着きをもたらし、相手守備陣に混乱を生むプレーぶりが光った。

    さらに79分に速攻を仕掛けた際には、ラファエル・ボレのパスを受けて左からボックス内に進入。
    右足シュートは対峙する相手DFクレイグ・ドーソンにわずかに当たり、右ポストを叩いたが、攻め気に逸る相手の腰を引かせるという意味で、重要なシーンを作り出した。

    ホームのウェストハムもアディショナルタイムにはジャロッド・ボーウェンがクロスバー直撃のオーバーヘッドシュートを放つなど最後まで攻めの姿勢を見せたものの、ゴールは生まれず。試合はそのままフランクフルトが2-1で勝ち切った。

    敵地での第1レグを終え、フランクフルトは大きなリードを持ってホームの第2レグ(5月5日)を迎えることになった。先に勝利を手にできたことはやはり大きい。決勝進出に向けて、視界良好と言えるだろう。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9aa7a62094f1320f0b15d9a1a94b45476c9114fe

    引用元: ・【サッカー】鎌田大地が敵地で値千金の決勝ゴール! フランクフルトがウェストハムに先勝し、ファイナルへ前進【EL準決勝】 [ゴアマガラ★]

    【【EL】鎌田大地、値千金の決勝ゴール!!やっぱり代表には鎌田が必要だ!!】の続きを読む

    04C5C9E7-0308-4E0E-A34A-55DF1F4C854A
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/28(木) 15:08:22.89 ID:CAP_USER9
     日本サッカー協会は4月28日、キリンカップサッカー2022の参加国や試合日程などについて発表した。

     2016年以来6年ぶりの開催となる同大会は、4か国によるトーナメント形式で行なわれ、参加国は日本のほか、ガーナ、チリ、チュニジアに決定。日本は6月10日にノエビアスタジアム神戸でガーナと対戦し、同14日にパナソニックスタジアム吹田で次戦に臨む。
     
     6月上旬に行なわれるキリンチャレンジカップでは、同2日に札幌ドームでパラグアイと、同6日に国立競技場でブラジルと対戦する森保ジャパン。カタール・ワールドカップに向けた強化活動として4試合が予定されている6月シリーズで、どんな戦いを見せるか注目だ。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    https://news.yahoo.co.jp/articles/694ea731432d6be71a74611811ad63cef0aa600b

    引用元: ・【サッカー】森保ジャパン、6.10にガーナと対戦! 4か国で争われるキリンカップサッカーはチリ、チュニジアが参加 [久太郎★]

    【森保ジャパン、6月にキリンチャレンジカップの対戦相手4カ国決定!!】の続きを読む

    7FF0E869-0C66-4D97-B84C-6F32A45E9F08

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/27(水) 21:58:07.09 ID:CAP_USER9
    浦和 6-0 ライオン・シティ・セーラーズ
    [得点者]
    14'馬渡 和彰     (浦和)
    39'アレックス シャルク(浦和)
    48'ダヴィド モーベルグ(浦和)
    52'小泉 佳穂     (浦和)
    62'松尾 佑介     (浦和)
    90'松尾 佑介     (浦和)

    スタジアム:ブリーラムシティ スタジアム(タイ)
    https://www.jleague.jp/match/acl/2022/042713/live/#live

    引用元: ・【サッカー】ACL第5節 浦和×ライオン・シティ・セーラーズ 結果 [久太郎★]

    【ACL浦和×ライオン・シティ・セーラーズ結果!!】の続きを読む

    FD415692-8E17-4C29-80D5-9F15BA510519

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/27(水) 19:55:35.02 ID:CAP_USER9
    蔚山現代 3-2 川崎
    [得点者]
    14'レオナルド        (蔚山現代)
    20'オム ウォンサン     (蔚山現代)
    40'レアンドロ ダミアン   (川崎)
    47'ヴァレリ カザイシュヴィリ(蔚山現代)
    90+2'レアンドロ ダミアン  (川崎)

    スタジアム:タン スリ ダトー ハジ ハッサン ユヌススタジアム(マレーシア)
    https://www.jleague.jp/match/acl/2022/042716/live/#livetxt/

    引用元: ・【サッカー】ACL第5節 蔚山現代×川崎 結果 [久太郎★]

    【ACL蔚山現代×川崎フロンターレ結果!!痛すぎる1敗…】の続きを読む


    AAEB3156-F460-4A70-A605-C3AEA2E7D8FF

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/27(水) 19:32:16.45 ID:CAP_USER9
    11月開幕のカタールW杯に2大会ぶり2度目の出場を決めたエクアドルが大会から除外される可能性が出てきた。

    スペイン紙「マルカ」など各メディアによると、エクアドル代表としてW杯南米予選に8試合出場したFWバイロン・カスティージョ(23)の出生地をめぐる疑惑が浮上しているという。

     当初は1998年11月10日にエクアドルのグアヤス州で誕生したとされてきたカスティージョだが、パラグアイサッカー連盟が同選手の出生地についての疑惑を指摘。
    最近になって1995年7月25日にコロンビアのトマコで生まれたという出生証明書が出てきた。しかも3年後にエクアドルに登録されたとの文書も出てきた。

    「マルカ」紙は「エクアドルに深刻な問題をもたらすかもしれない」とカタールW杯出場権をはく奪される可能性に言及。
    その上で「南米サッカー連盟や国際サッカー連盟が、どう対応するかは不明」としながらも、エクアドルはカスティージョが出場したW杯予選の勝ち点を失うかもしれないという。

    その場合、チリがW杯出場圏内に浮上し、ペルーが大陸間プレーオフとなり「コロンビアは今のところ喜べない」と報じていたが、今後の動向が注目されそうだ。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/world/4154609/
    https://img.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2022/04/a1f8aeb6ca6502e04e6f97284bc115c8-450x318.jpg

    引用元: ・【サッカー】エクアドルがW杯出場権はく奪危機 FWカスティージョに出生地&年齢詐称疑惑が浮上 [ゴアマガラ★]

    【エクアドル、W杯出場権はく奪危機!???カスティージョに出生地疑惑!??】の続きを読む

    3C9B9A91-A581-4E5D-A2A8-A623AB5326A4

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/27(水) 05:54:36.36 ID:CAP_USER9
    マンチェスター・シティ 4-3 レアル・マドリード
    [得点者]
    ケヴィン・デ・ブライネ  (前半02分)マンC
    ガブリエル・ジェズス   (前半11分)マンC
    カリム・ベンゼマ     (前半33分)レアル
    フィル・フォーデン    (後半08分)マンC
    ヴィニシウス・ジュニオール(後半10分)レアル
    ベルナルド・シウバ    (後半29分)マンC
    カリム・ベンゼマ     (後半37分)レアル PK
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20160501

    UEFA-CL準決勝 結果
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/standings/41

    引用元: ・【サッカー】UEFA-CL準決勝第1戦 マンチェスター・シティ×レアル・マドリード [久太郎★]

    【【CL】準決勝マンチェスター・シティ×レアル・マドリード!!】の続きを読む

    656EF604-BA26-427A-9D08-6E30F3C368D1

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/26(火) 20:33:39.87 ID:CAP_USER9
    【栗原勇蔵の目】ヘディングとスピードは“怪物”の平山相太以上 近い将来は日本代表へ

    北海道コンサドーレ札幌の19歳FW中島大嘉はプロ2年目の今季、リーグ戦で6試合2ゴール、ルヴァンカップで5試合4ゴールと、限られた出番の中で存在感を示している。
    身長188センチのサイズを誇る19歳の若きストライカーを、元日本代表DF栗原勇蔵氏も「ヘディングとスピードは平山相太以上」と“初代怪物”を引き合いに称賛している。

    高校サッカー界の名門である国見高の出身で、札幌のトップチーム所属史上初の「21世紀生まれ」の選手としても注目を浴びる中島。今季は3月19日のJ1リーグ第5節セレッソ大阪戦(2-2)で途中出場からJ1初ゴールを決めると、
    4月10日の第8節・名古屋グランパス戦(2-0)で今季2点目。ルヴァンカップで初先発した4月20日のグループステージ第3節京都サンガF.C.戦(4-1)では打点の高いヘッドを含む2得点で強烈なインパクトを残した。

    中島はヘディングはもちろん、4月2日のリーグ第6節浦和レッズ戦(1-1)で自陣から敵陣ペナルティーエリア内まで約80メートルを爆速で駆け上がるなど、スピードも魅力だ。
    元日本代表としてもプレーした栗原氏は、中島と同じ国見高出身で、高校時代から“怪物”と騒がれた元日本代表FW平山相太氏(現・筑波大学蹴球部コーチ)を引き合いに、その凄みについて語る。

    「足元の技術は現段階で、平山相太のほうが上だと思います。でも、パワフルなヘディング、あのサイズで規格外と言えるスピードは中島くんに分がある。走る姿はドルトントの(アーリング・ブラウト・)ハーランドのような迫力です。
    うまくて、速くて、機動力がある選手が多いなかで異色の存在。中島くんのような選手が出てこないと、日本は世界で上に行けない。ようやく出てきたなという感じですね」

    まだ札幌では途中出場がメインで、定位置を奪うには至っていないが、「ミシャ(ミハイロ・ペトロヴィッチ監督)のようないい指導者の下でやっていれば、技術も磨かれていくはず」と栗原氏は期待を寄せる。

    「サッカーでは、大きくて動ける選手が優位です。ただ、まだ絶対的な当たりの強さはない。中途半端だと、ああいう体格の選手は世界にゴロゴロいるので、逆に標的にされてしまう。一気に突き抜けて、シュートを決める力、
    嗅覚も磨かれば十分日本代表や世界も狙えると思います。個人的には、日本代表にああいう一発のある選手がいると面白いと思いますが、まずは札幌でバリバリのレギュラーとして活躍するようになってほしいですね」

    19歳の中島が秘める無限の可能性から目が離せない。
    https://www.football-zone.net/archives/378988
    https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2022/04/26005626/Nakashima-Getty.jpg
    【動画】Jリーグ公式YouTubeチャンネルが公開、札幌19歳・中島大嘉が“高打点ヘッド”…ルヴァン杯・京都戦で決めた“規格外”2ゴール(該当シーン:1分37秒付近~/1点目、2分24秒付近~/2点目)
    https://youtu.be/m-p2Aw97AHQ?t=97

    引用元: ・【サッカー】札幌19歳・中島大嘉は「平山相太以上」 元日本代表DFが期待する“世界に通用する”ポテンシャル [ゴアマガラ★]

    【コンサドーレ札幌、19歳中島大嘉は、平山以上!!例えるなら平山より…】の続きを読む

    6329B3B9-6FAE-4D44-8AED-8F2C31A64F9D

    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/25(月) 22:05:01.26 ID:CAP_USER9
     AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループH第4節が25日に行われ、横浜F・マリノス(日本)とシドニーFC(オーストラリア)が対戦した。

     両者は22日に行われた前節でも対戦し、横浜FMが1-0で辛勝。横浜FMは同試合からフィールドプレイヤーを全員入れ替え、決勝点を挙げた角田涼太朗が左サイドバックでスタート。山根陸はACL初先発を果たした。

     横浜FMは幸先よく6分に先制する。コーナーキックのこぼれ球を回収し、左サイドから水沼宏太がゴールに向かうクロスを供給。ファーから飛び込んだ實藤友紀が、ダイビングヘッドで合わせてゴール左下に突き刺した。

     11分、横浜FMがリードを広げる。松原健が右サイドの深い位置からグラウンダークロスを送り、受けた西村拓真は軽やかなターンで相手をかわす。西村はボックス中央で左足を振り抜き、ネットを揺らした。

     横浜FMはボールを握って時計の針を進め、2点のリードで折り返す。55分には3点目を奪う絶好機が到来。エウベルがピッチ中央で相手のミスパスをカットし、西村にボールをつなげる。西村はドリブルでファイナルサードに侵入すると、ペナルティエリア左のアンデルソン・ロペスに一旦預け、ボックス中央でリターンパスを受け取る。右足ダイレクトでゴールに流し込もうとしたが、わずかに枠の右へ外れた。

     その直後、シドニーが立て続けにビッグチャンスを迎える。56分にはルーズボールの奪い合いでコスタ・バーバルーゼスが角田と入れ替わり、ボックス内に侵入。味方へのラストパスを選択したが、岩田智輝にカットされて決定機を活かせない。57分にはスルーパスに抜け出したパトリック・ヤズベクが高丘陽平との一対一を迎えたが、ゴール右下を狙ったシュートは惜しくも枠を外れる。

     64分、横浜FMに退場者が出てしまう。ハーフウェーライン付近でパスを受け取った角田がパトリック・ウッドにプレスをかけられ、入れ替わりを阻止しようとした際にウッドを倒してしまう。このプレーがDOGSO(決定的な得点機会の阻止)に当たるとして、角田は一発レッドカードで退場となった。

     シドニーの攻撃を耐えながらも3点目の得点機会をうかがう横浜FMは、85分にシドニーのゴールを脅かす。左サイドでのボールキープから、吉尾海夏が右に大きく展開。反応した松原は、ペナルティエリア右で飛び出してきた相手GKをかわし、無人のゴールに流し込もうとしたが、右のポストに嫌われる。

     それでも、横浜FMは87分にダメ押しの3点目を獲得する。攻撃に参加していた岩田が藤田 譲瑠チマのスルーパスに抜け出し、ペナルティエリア右からグラウンダーで折り返す。これをゴール前のA・ロペスが押し込み、ACL初ゴールを記録した。

     試合はこのまま終了し、横浜FMは2連勝で3勝1敗、シドニーは2連敗で2分2敗となった。次節は28日に行われ、横浜FMはホアンアイン・ザライ(ベトナム)、シドニーは全北現代モータース(韓国)と対戦する。

    【スコア】
    横浜F・マリノス 3-0 シドニーFC

    【得点者】
    1-0 6分 實藤友紀(横浜FM)
    2-0 11分 西村拓真(横浜FM)
    3-0 87分 アンデルソン・ロペス(横浜FM)

    【スターティングメンバー】
    横浜FM(4-2-1-3)
    高丘陽平;松原健、岩田智輝、實藤友紀(45分 小池龍太)、角田涼太朗(64分 退場);喜田拓也、山根陸(63分 藤田譲瑠チマ);西村拓真(80分 吉尾海夏);水沼宏太(63分 仲川輝人)、アンデルソン・ロペス、エウベル(66分 畠中槙之輔)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0b7fdf47eb80c2e724a8364cf57f08f30df142ab

    引用元: ・【サッカー】ACL第4節 横浜FMがシドニーFCに連勝! 角田涼太朗の退場後にA・ロペスがダメ押し3点目 [久太郎★]

    【横浜FM、シドニーFCに連勝!!退場者出すも3点快勝!!】の続きを読む

    001F55E9-AD86-45B6-A3D6-09ECF76A1A0B
    1: サッカーまにあ速報!!! 2022/04/25(月) 00:26:06.86 ID:CAP_USER9
    スコティッシュ・プレミアシップ第34節が24日に行われ、日本人4選手が所属するセルティックは敵地でロス・カウンティと対戦した。旗手怜央、前田大然、古橋亨梧が先発出場し、井手口陽介はベンチメンバーから外れた。ハムストリングのケガで離脱が続いていた古橋は、この試合が復帰後初のスタメンとなった。

    【動画】復帰後初先発の古橋が先制点!
    https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1518228600213803008

     スコティッシュ・プレミアシップはリーグをシーズン途中で分割するスプリット方式を採用しており、ラスト5試合は第33節終了時点の上位6チーム、下位6チームに分かれて争われる。首位セルティックは、23日に勝利した2位レンジャーズとの暫定勝ち点差「3」で試合を迎えた。

     試合の均衡が破れたのは12分、古橋の得点でセルティックが先制に成功する。右サイドからジョタがピンポイントのクロスを送ると、古橋は打点の高いヘディングでゴール右下に突き刺した。公式戦での得点は12月19日に行われたリーグカップ決勝のハイバーニアン戦以来となり、今季リーグ戦で9ゴール目となった。

     古橋は29分にもロス・カウンティのゴールを脅かす。左サイドをえぐったジョタが柔らかい浮き球で折り返すと、古橋は左足でダイレクトボレーシュートを放つが、惜しくもクロスバーに嫌われた。さらに39分、マット・オライリーが放った鋭いミドルシュートが相手GKロス・レイドローに防がれるろ、こぼれ球に古橋が反応。しかし、これもレイドローに阻まれ、絶好機を仕留めることはできなかった。

     43分、今度は前田に決定機が到来。右サイドからジョタが折り返すと、ゴール前に飛び込んだ前田が右足でダイレクトシュートを放つ。シュートは枠を捉えていたが、相手GKレイドローの好セーブに遭い得点には至らない。セルティックは1点リードで折り返す。

     セルティックは64分に古橋と前田、オライリーを下げ、ゲオルギオス・ギアクマキス、リエル・アバダ、トム・ロギッチを投入。74分には旗手に代わってデイヴィッド・ターンブルが途中出場する。

     セルティックは87分に待望の追加点を獲得する。右からの折り返しに合わせたギアクマキスのシュートはクロスバーに阻まれたが、こぼれ球をジョタが押し込んだ。

     試合はこのまま終了し、セルティックはリーグ戦6連勝でレンジャーズとの勝ち点差「6」を維持した。セルティックの次節は5月1日に行われ、ホームでレンジャーズと対戦する。

    【スコア】
    ロス・カウンティ 0-2 セルティック

    【得点者】
    0-1 12分 古橋亨梧(セルティック)
    0-2 87分 ジョタ(セルティック)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cb64930aab409bd7247043946f76c9bedb0219b6
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    引用元: ・【サッカー】先発復帰の古橋亨梧が先制弾! 前田大然と旗手怜央も先発のセルティックが6連勝 [久太郎★]

    【先発復帰古橋亨梧、先制弾!!日本人3選手先発のセルティック6連勝!!】の続きを読む

    このページのトップヘ